建築家・隈研吾の大規模展!ネコの視点で考える”公共性”とは

建築家・隈研吾の大規模展!ネコの視点で考える”公共性”とは

建築家・隈研吾の大規模展!ネコの視点で考える”公共性”とは ... 続きを読む

【おすすめアート】 東京上空に巨大な“誰かの顔”が浮上!『まさゆめ』プロジェクト

【おすすめアート】 東京上空に巨大な“誰かの顔”が浮上!『ま

東京上空に巨大な“誰かの顔”が浮上!現代アートチーム目 [m... 続きを読む

【おすすめアート】「神秘と象徴の中間:草間彌生のモノクローム」モノクローム作品に囲まれ”自己消滅”を

【おすすめアート】「神秘と象徴の中間:草間彌生のモノクローム

【おすすめアート】 多様なモノクローム作品に囲まれ”自己消... 続きを読む

「イサム・ノグチ 発見の道」彫刻とはなにか、を問い続けたアーティスト

「イサム・ノグチ 発見の道」彫刻とはなにか、を問い続けたアー

「イサム・ノグチ 発見の道」彫刻とはなにか、を問い続けたアー... 続きを読む

「あやしい絵」への誘い

「あやしい絵」への誘い

「あやしい絵」への誘い    退廃的。エロティ... 続きを読む

森山大道の映画が4/30より公開『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』

森山大道の映画が4/30より公開『過去はいつも新しく、未来は

最高にワイルドな写真家は、とても優しい人だったー 『過去は... 続きを読む

これを読むと10倍感動する『ライゾマティクス_マルティプレックス展』

これを読むと10倍感動する『ライゾマティクス_マルティプレッ

これを読むと10倍感動する『ライゾマティクス_マルティプレッ... 続きを読む

謎めいて美しい「建物としての自画像」とは? マーク・マンダースの奥深い世界に浸る

謎めいて美しい「建物としての自画像」とは? マーク・マンダー

謎めいて美しい「建物としての自画像」とは? マーク・マンダー... 続きを読む

電線のある風景、最高じゃないか。電線づくしの「電線絵画展」

電線のある風景、最高じゃないか。電線づくしの「電線絵画展」

電線のある風景、最高じゃないか。電線づくしの「電線絵画展」 ... 続きを読む

ダイアナ妃やフロイトに愛された、吉田博の版画に会いに行こう!

ダイアナ妃やフロイトに愛された、吉田博の版画に会いに行こう!

ダイアナ妃やフロイトに愛された、吉田博の版画に会いに行こう!... 続きを読む

日本一有名なアートディレクター約30年の軌跡『佐藤可士和展』

日本一有名なアートディレクター約30年の軌跡『佐藤可士和展』

日本一有名なアートディレクター約30年の軌跡『佐藤可士和展』... 続きを読む

禁じ手?封じ手?「もちつもたれつ」コミュニケーション型アートの未来とは

禁じ手?封じ手?「もちつもたれつ」コミュニケーション型アート

禁じ手?封じ手?「もちつもたれつ」コミュニケーション型アート... 続きを読む

35年の35点展 地域の人々と歩む練馬区立美術館

35年の35点展 地域の人々と歩む練馬区立美術館

35年の35点展 地域の人々と歩む練馬区立美術館 &nbs... 続きを読む

「花と身体」荻野夕奈 × 新井まる 対談

「花と身体」荻野夕奈 × 新井まる 対談

「花と身体」荻野夕奈 × 新井まる 対談   ... 続きを読む

大人気の名刀を至近距離で!三井記念美術館特別展〈国宝の名刀「日向正宗」と武将の美〉

大人気の名刀を至近距離で!三井記念美術館特別展〈国宝の名刀「

大人気の名刀を至近距離で!三井記念美術館特別展〈国宝の名刀「... 続きを読む

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」、石岡瑛子の世界 

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」、石岡瑛子の世

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」、石岡瑛子の世... 続きを読む

モネ、ルノワールや俵屋宗達の国宝まで。名品ぞろいの展覧会

モネ、ルノワールや俵屋宗達の国宝まで。名品ぞろいの展覧会

モネ、ルノワールや俵屋宗達の国宝まで。名品ぞろいの展覧会 ... 続きを読む

肖像画と女心 vol.2「女王エリザベスのイメージ戦略」

肖像画と女心 vol.2「女王エリザベスのイメージ戦略」

肖像画と女心 vol.2「女王エリザベスのイメージ戦略」 ... 続きを読む

「わかりあう」大切さをしなやかに伝える「トランスレーションズ展 」

「わかりあう」大切さをしなやかに伝える「トランスレーションズ

「わかりあう」大切さをしなやかに伝える 「トランスレーショ... 続きを読む

ありのままを受け入れることで、作品になる。髙畠依子「MARS」展

ありのままを受け入れることで、作品になる。髙畠依子「MARS

ありのままを受け入れることで、作品になる。髙畠依子「MARS... 続きを読む


記事一覧へ