feature

アイ・ウェイウェイ監督最新作『ヒューマン・フロー 大地漂流』【今週のおすすめ映画】

NEWS

2018年9月7日


アイ・ウェイウェイ監督最新作『ヒューマン・フロー 大地漂流』【今週のおすすめ映画】


 

【今週のおすすめ映画】
アイ・ウェイウェイ監督最新作『ヒューマン・フロー 大地漂流』

 

 

〜girls Artalk的◆おすすめポイント〜

◆ヨコハマトリエンナーレ2017でも話題をさらった現代アーティスト、アイ・ウェイウェイの新作映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』の公開が決定。

◆本作はアイ・ウェイウェイが23ヵ国以上、40ヵ所の難民キャンプを訪れ撮影、インタビューを行ったドキュメンタリーです。

◆様々な理由から増え続ける難民たちに何年間も真摯に向き合い、人間の真価を問う本作は社会派のアイ・ウェイウェイならではの鋭い視点が光ります。

◆2019年1月 シアター・イメージフォーラム他にてロードショー。2018年10月6日(土)より開始する六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展「カタストロフと美術のちから展」にもアイ・ウェイウェイは出展が決定しています。どちらも見逃せません!

 

 

 


©️2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

 

 

©️2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.

 

 

 

 

監督:アイ・ウェイウェイ(艾未未)
1957年生まれ。中華人民共和国の現代美術家。1980年代から美術家として活動し、以来一貫して、中国現代美術を先導して世界的に活躍を続けている。第48回ヴェネツィア・ビエンナーレ(99年)、シドニー・ビエンナーレ(06年)などの国際展覧会に出展し、日本では森美術館等で個展を開催している。そして建築家として、2008年の北京オリンピックの「鳥の巣スタジアム」のデザインをし、彼の名が一躍世界に知れ渡ることになる。また、米タイム誌の2011年の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなど、国際的に評価が高い。
一方で、人権活動にも力を入れており、2008年5月の四川大地震で死亡した児童・生徒・学生への援助と実態調査をはじめとする当局への責任追及により、2010年11月、北京の自宅において軟禁された。日本ではこれまでに『アイ・ウェイウェイは謝らない』(2013)が劇場公開されている。

 

 

 

『ヒューマン・フロー 大地漂流』 
公式サイト www.humanflow-movie.jp
2017年 ベネチア国際映画祭5部門賞受賞 
監督・製作:アイ・ウェイウェイ
原題:HUMAN FLOW 
2017年/ドイツ/ビスタサイズ/5.1CH/140分 
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©️2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.
2019年1月 シアター・イメージフォーラム他にてロードショー


 

 

 

【アイ・ウェイウェイの作品が登場する記事はこちら】
夏休みはここで決まり!「ヨコハマトリエンナーレ2017」
『イケメンと行く!妄想アートデート』シリーズ第7弾は、ヨコハマトリエンナーレ2017
イギリスのアートフェアを巡る二人旅(前編) 「フリーズ・ロンドン」をフォトレポート

 

 

 

 

バナー画像は
©️2017 Human Flow UG. All Rights Reserved.








トップへ