Writer

Yuria Yoshida

Yuria Yoshida - よしだ ゆりあ -

青山学院大学文学部卒。
ロンドン大学院ゴールドスミスカレッジ​教育学部修了。
大学在学中より​世界中​の美術館巡りなどを通して、日本と西洋の​文化的な​つながりを模索する。
在学中、ニューヨークにある​The Art Students League of New York​にアート短期留学​。卒業後、オハイオ州​にあるDenison​大学​で日本語・日本文化教師​として勤務。

 

パリにある国連ユネスコ本部のお庭でコンテンポラリーなお茶会を開くこと​と​絵本を出版すること​​が夢。​
ルイス​・​キャロル​など、​​イギリス児童文学​に興味があり​。
好きな作家はヴィクトル=マリー・ユーゴー​とキャサリン・マンスフィールド​​とジョンロック​​。
​好きな詩は、W.H.オーデン作 「1939年9月1日」。


Writen by

『ルーヴル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか』~人類にとって、肖像を残す意味とは~

『不思議の国のアリス』のナゾナゾ【後編】

『不思議の国のアリス』のナゾナゾ 【前編】

パリモダンアート美術館 電気の妖精    〜変化する知と美がフランスの血!?〜

「線を聴く」展 @ 銀座メゾンエルメス フォーラム

『ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美』をより楽しむために ~ルネサンス期の経済と芸術発

『ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美』をより楽

花の都イタリアのフィレンツェは世界の他の街に比べても美し... 続きを読む

「ルーヴル美術館展 日常を描く――風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」

現代のお面アートとおもての関係性

現代のお面アートとおもての関係性

When East Meets West 現代のお面アート... 続きを読む

「ウフィツィ美術館展」に学ぶ、世界一美しい女神パラスのキレイの秘密

「ウフィツィ美術館展」に学ぶ、世界一美しい女神パラスのキレイ

 「ウフィツィ美術館展」に学ぶ、 世界一美しい女神パラスの... 続きを読む




トップへ