feature

~矛盾が孕む美~渡部敏哉 展「Somewhere not Here」【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年11月16日


~矛盾が孕む美~渡部敏哉 展「Somewhere not Here」【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】
~矛盾が孕む美~渡部敏哉 展「Somewhere not Here」

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡中目黒にあるPOETIC SCAPEで現在、写真家・渡部敏哉さんの個展を開催しています。

♡渡部さんは、福島県生まれ。福島第一原子力発電所事故で大きく変わってしまった故郷を撮り続けました。

♡本展『Somewhere not Here』は、私達の周囲にある草木といった自然を被写体にセレクト。

♡彼の写真を見ていると、イメージは増幅・浮遊し続け、現実感が遠のきます。

♡現代人が持つ先の見えない不安と幾ばくかの可能性。人間の強さと儚さといった矛盾が生む美しさに寄り添ってみてはいかがでしょうか?

 

 

【アーティストプロフィール】
渡部敏哉(Toshiya Watanabe)
1966年福島県生まれ。多摩美術大学在学中にPARCOが主催する「期待される若手写真家20人展」に選出される。福島第一原子力発電所事故の影響で警戒区域に指定された故郷、福島県浪江町を記録した一連の作品はLe Monde(仏), THE BIG ISSUE(台湾)など海外メディアでも数多く紹介され大きな反響を呼んだ。 2016年STEIDL BOOK AWARD JAPANを他の7名の写真家と共に受賞、2018年にSTEIDL社から写真集の刊行を予定している。

 

 

【展示概要】
渡部敏哉 展「Somewhere not Here」
会場:POETIC SCAPE
住所:東京都目黒区中目黒 4-4-10 1F
会期:2017年11月4日(土)− 12月3日(日) 
木〜土 13:00-19:00 | 日 13:00-18:00 |水 16:00-22:00 | 月・火・祝 休廊

 

 

【クロストーク:渡部敏哉 × 飯沢耕太郎(写真評論家)】
日時:2017年11月26(日)17:00-18:30
会場:POETIC SCAPE
参加費:1000円(トーク終了後、懇親会1ドリンク付)
要予約、定員20名
クロストークのお申込はメール(front-desk@poetic-scape.com)にて、参加者の氏名、人数、電話番号をお知らせ下さい。
*メールでのお申し込み後3日以内に返事がない場合はお手数ですがお電話にてご確認ください。

 

 

【写真が好きな人はこちらもどうぞ☆】
写真家レイモン・ドゥパルドン特集! [前編] 写真展「DEPARDON / TOKYO 1964-2016」
ネパールの辺境の城砦都市へ訪れる写真展 宮本隆司個展 「ロー・マンタン 1996」
「写真とは何か?」のその先へ “しつらえ”の日本芸術

 

 

 

バナー画像はphoto by Toshiya Watanabe








トップへ