feature

~孤独の最果てを視る~アントワン・ダガタ展『corpus』

NEWS

2017年7月9日


~孤独の最果てを視る~アントワン・ダガタ展『corpus』


【今週のおすすめアート】
~孤独の最果てを視る~アントワン・ダガタ展『corpus』

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡恵比寿にあるMEMで、フランス人フォトグラファーのアントワン・ダガタさんの個展『corpus』を開催。

♡ダガタさんは我々が目を思わずそむけたくなるようなショッキングな現実…。薬物中毒者、犯罪者、娼婦などを被写体に選び、写真に収めています。

♡彼は写真技術には興味がなく、目の前に起きている事象の本質だけが大切だと考えるのです。

♡今回の展示は彼の3作品目の映画監督作品『ATLAS』から50点のスチール写真とセルフポートレイト100点で構成。

♡4時間にわたる超大作『ATLAS』も7/15(土)から上映されます。こちらも併せてご注目下さい。

 

 

【概要】
アントワン・ダガタ展『corpus』
会期:2017年7月15日(土) ~ 8月13日(日)
会場:MEM
住所:東京都渋谷区恵比寿1丁目18-4
営業時間:12:00~20:00
定休日:月曜休廊 (月曜祝日の場合は営業し、翌日休廊)
電話:03-6459-3205
URL:www.mem-inc.jp
オープニングレセプション:2017年7月15日(土) 18:00 ~

 

 

【関連イベント】
アントワン・ダガタ監督映画『ATLAS』上映会
入場料:1,800円
上映:4時間 (途中10分休憩)
定員:各回15名
会場:MEM (NADiff A/P/A/R/T 3F)
事前予約:art@mem-inc.jp
上映日・時間などの詳細はこちらから→http://mem-inc.jp/2017/06/14/170715_dagata_jp/

 

 

【このアーティストが好きな人にはこちらの記事もおすすめ!】
~記憶との対話~濱谷浩 「怒りと悲しみの記録」
東京国際映画祭グランプリ受賞作『ニーゼ』監督インタビュー ~ホベルト・ベリネール 構想から13年 映画にかける思い~








トップへ