feature

髑髏×九谷焼!!個展『丸岡 和吾「x」』【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年12月14日


髑髏×九谷焼!!個展『丸岡 和吾「x」』【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】
髑髏×九谷焼!!個展『丸岡 和吾「x」』

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡髑髏や骨といったハード目なモチーフを扱うアーティスト丸岡和吾さんが、女性の九谷焼作家9人とコラボレーション。

♡60点以上の作品が銀座 G735 Gallery(普段は高級輸入車のギャラリー!)に集いました。

♡死や退廃を連想させる骸骨と鮮やかで艶っぽい九谷焼は、相反する存在のようですが、これが絶妙にマッチ♪

♡展示されている作品は販売されているので、男女問わずギフトとしてはいかがでしょう?

♡例えば、上記の作品はぐい呑。気になるあの子にプレゼントして、一緒に過ごせたら素敵…!

♡会期は17日(日)今週末まで。気になる方は急いでね!

 

 

【概要】
個展『丸岡 和吾「x」』
会期:2017年12月7日(木)~17日(日) ※最終日は17時まで
会場:銀座 G735 Gallery
営業時間:11時~19時
定休日:火曜日
住所:東京都中央区銀座7-3-5

 

 

【作家紹介】
丸岡 和吾-KAZUMICHI MARUOKA
1978年広島県生まれ。髑髏作家。東京を拠点に活動する。髑髏や骨をモチーフにした陶器、ドローイングやインスタレーションなど、死をテーマに様々な表現を展開する。

 

 

【九谷焼陶芸コラボレーション作家】
伊藤 由紀子、井上 雅子、川上 真子、河田 里美、河端 理恵子、北井 真衣、西田 和美、林美 佳里、森下 優理

 

【髑髏モチーフが登場する記事はこちら!】
命への静謐な賛歌 髙橋賢悟さんの工芸の世界
ほとんど人の限界を超えた!?  超絶技巧の作品たち

 

 

【死に関連する展示はこちら!】
ベストセラーの本が美術展に!話題の「怖い絵」展