feature

マグダ・セイエグ、アートプロジェクトがアジアで初めて展示。六本木ヒルズ開業15年記念に合わせて巨大な蜘蛛のオブジェ「ママン」もカラフルに変身。【今週のおすすめアート】

NEWS

2018年4月29日


マグダ・セイエグ、アートプロジェクトがアジアで初めて展示。六本木ヒルズ開業15年記念に合わせて巨大な


【今週のおすすめアート】
マグダ・セイエグ、アートプロジェクトがアジアで初めて展示。六本木ヒルズ開業15年記念に合わせて巨大な蜘蛛のオブジェ「ママン」もカラフルに変身。

 

〜girls Artalk的おすすめポイント〜
2018年4月25日(水) ~ 5月27日(日)の期間、六本木ヒルズのシンボルとして、また待ち合わせ場所として定着している 66 プラザの巨大な蜘蛛彫刻 「ママン」や広場の環境が、新進気鋭のテキスタイル・アーティスト、マグダ・セイエグさんの手により、まったく新しい風景に生まれ変わります。
◆六本木ヒルズ開業15周年を記念して、開業日の4月25日より一般公開がスタート。
◆マグダ・セイエグさんは、日常的な都市空間を毛糸の編み物で覆い、街の見え方を一変させるアートプロジェクトを続けており、今回がアジアで初めての出展となります。
◆六本木ヒルズ内のレストランでは、66プラザのインスタレーションに合わせて、スペシャルメニューも提供されます。「イルブリオ」では、パティシエ・加藤智彦氏が手掛けるカラフルで華やかなチョコレートファッジケーキを、「ヒルズダ ル・マット」では、巨大彫刻作品「ママン」をイメージしたパルフェを期間限定で販売します。

 

【開催概要】
 15 周年記念インスタレーション

会期:2018年4月25日(水) ~ 5月27日(日)
会場:六本木ヒルズ 66プラザ

 

 

【アーティストプロフィール】
街にある無機質なものに毛糸の編み物を被せ、都市の風景を変容させるという一風変わっ たアートプロジェクトを行うテキスタイル・アーティスト。このプロジェクトは 世界 30 カ国で実施 されていており、アジアでは今回は初めてとなる。大学で数学を学んだあと、当初は 12 人の アーティスト集団として活動後に独立。

 

 

【 六本木で開催されたアートが気になる方はこちらもおすすめ】
いつもの生活に彩りを!「六本木アートナイト」アフターレポート
六本木ヒルズ A/D GALLERYにて2年ぶりとなるヒロ杉山「ONE HUNDRED AND EIGHT」が開催!
夢のねこバス乗車…動く飛行船も!六本木ヒルズで開催! ヤバすぎると大評判の『ジブリの大博覧会』








トップへ