feature

青が発する心地よい不協和音『ヴィクター・マン 展』【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年11月20日


青が発する心地よい不協和音『ヴィクター・マン 展』【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】
青が発する心地よい不協和音『ヴィクター・マン 展』

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡BLUM & POE (東京)で、ヴィクター・マンさんの日本での初個展が12月22日まで開催。

♡ルーマニア出身のマンさんのテーマは「生と死」。鑑賞者へ人間の命題を根本的に説き、青で彩られたモチーフたちは、調和しながらも不穏を予感させ、夢の中にいるような感覚をもたらします。

♡描かれているのは、過去なのか、現実なのか、はたまた未来なのか?BLUM & POE はL.AやNYでも興味深いアーティストを展示中。注目のギャラリーです。

 

 

【展覧会概要】
ヴィクター・マン 展
会期:2017年11月10日—12月22日
会場:BLUM & POE (東京)
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-34 原宿神宮の森 5F
営業時間:11:00~19:00まで ※月曜・日曜・祝祭日休館
入場料: 無料
H.P:http://blumandpoe.com/?lang=ja

 

 

【生や死をテーマにした他の記事はこちら!】
ベストセラーの本が美術展に!話題の「怖い絵」展

死で際立つ、生の在り方 メッケネム作品から考える
アールデコの美術館で、過去の記憶に耳を澄ます「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち」

 

 

 

バナーは、Victor Man, In Adancul Parcurilor Mele (In The Depth Of My Gardens), 2016-2017 Oil on canvas, 23 5/8 x 19 11/16 inches








トップへ