feature

共作のドローイングや映像! 大木裕之 × 落合多武 「リ、ワイルド」 【今週のおすすめアート】

NEWS

2016年4月22日


共作のドローイングや映像! 大木裕之 × 落合多武 「リ、ワイルド」 【今週のおすすめアート】


〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

♡2000年以来、近すぎもせず遠すぎもしない距離で交流を続けてきた大木裕之と落合多武のふたりによる展覧会
 『リ、ワイルド』を開催する。

♡本展では、落合が新しい試みとなる「灰皿彫刻」、大木が松前君シリーズの最新作「松前君の旋律III」を発表する。

♡ふたりが往復書簡を交わすように日本とニューヨークでやりとりをした共作のドローイングや映像、その場で
 つくりあげた立体を展示。

♡人間、光、土地、建築、言霊などの様々なイメージを積層または呼応させ映像化することで、時間/空間、
 人間/社会の全体を構築する方法を探求し続けている大木と、概念としてのドローイングを主要なテーマとして、
 名前、ネコ科動物、言葉、都市、死、偶然性などを楽譜のように繋いでいく落合の創り出す新しい世界を紹介する。

 

【情報】

大木裕之 x 落合多武『リ、ワイルド』

会期:2016年4月16日(土)-5月21日(土)
会場:ARATANIURANO
開廊時間:11:00-19:00
休廊日:日、月、祝

http://www.arataniurano.com/

 

【作家プロフィール】

大木裕之

1964年東京都生まれ。東京大学工学部建築学科在学中に映像制作をはじめ、卒業の翌年に制作した「遊泳禁止」(1989)でイメージフォーラム・フェスティバル1990審査員特別賞を受賞。映像制作のみならず、さまざまな表現形式で作品を数多くの展覧会で発表している。2000年から15年計画の「M・Iプロジェクト」を立ち上げ、毎年8月に高知の「よさこい祭り」に参加している。また、今年8月に開幕するあいちトリエンナーレ2016への参加も発表されている。

落合多武

1967年神奈川県生まれ。和光大学卒業後に渡米。ニューヨーク大学大学院を修了後すぐに初個展を開催。現在もニューヨークを拠点に活動している。2010年にはワタリウム美術館で個展『スパイと失敗とその登場について』を開催し、2011年にはヨコハマトリエンナーレ2011に参加するなど国内外で数多くの展覧会を行なっている。