feature

高揚感ただようエロス 細倉真弓 CYALIUM 【今週のおすすめアート】

NEWS

2016年4月21日


高揚感ただようエロス  細倉真弓  CYALIUM 【今週のおすすめアート】


〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

♡写真家・細倉真弓は、1979年京都に生まれ、立命館大学文学部、及び日本大学芸術学部写真学科を卒業後、
 国内の様々なグループ展に参加してきました。

♡初期の代表作「KAZAN」(2009-11年)では、東京郊外を中心に撮影した自然の姿とヌードの若者を撮影し
    組み合わせることで、東京という都市を繊細で力強い感受性で描き出し、独特なエロスと美しさをそなえた
    新しい東京の写真表現として国内外から注目を集めました。

♡今春、イギリスの出版社MACKよりヌードと結晶を組みあわせたモノクロームの秀作『Transparency is the
 new mystery』が発売されるなど、ますます国際的な評価を確立している日本写真家の一人です。

♡本展覧会では2015年より取り組んできた新作「CYALIUM」より写真作品およそ8点と映像作品1点を展示します。
 モノカラーのプリントによって高揚感ただようエロスを魅せた前作「クリスタル ラブ スターライト」(2014年)を
 発展させた本作において、細倉は撮影から暗室での作業プロセスを経てイメージがプリントに固定されまでに
 起こりえた可能性を写真表現の一部に取り込もうと試みます。

 

【展覧会情報】

細倉真弓「CYALIUM」
会期:2016年4月2日(土)-5月15日(日)12:00-20:00 月休
会場:G/Pgallery 恵比寿(東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F TEL: 03-5422-9331)

 

【関連企画イベント】

トークショー 石内都 x 細倉真弓 x 沖本尚志
日時:2016年4月24日(日)16:00-17:30
出演:石内都、細倉真弓、沖本尚志
モデレーター:後藤繁雄(G/P gallery ディレクター)

座席:25席

参加費:無料
お電話かメールにてご予約ください。

 

【作家プロフィール】

細倉真弓 Mayumi Hosokura

1979年京都府生まれ。立命館大学文学部、及び日本大学芸術学部写真学科卒業。2011年オランダの写真雑誌『Foam』の新人選抜号「TALENT」に選抜されるほか、台湾『Waterfall』誌、『Voice of Photography』誌などで大きく取り上げられる。2012年には台湾關渡美術館のレジデンシプログラムに参加。主な個展に「KAZAN」G/Pgallery、東京(2011)、「Floaters」G/Pgallery、東京(2013)、「クリスタル ラブ スターライト」G/Pgallery、東京(2014)、グループ展に「NATURES」GALERIE LUCIE WEILL & SELIGMANN、パリ(2012)、「Close to the Edge: New Photography from Japan」MIYAKO YOSHINAGA、NY(2016)など他多数。これまで発行した写真集に『KAZAN』(アートビートパブリッシャーズ、2011)、『Floaters』(Waterfall、2014)『クリスタル ラブ スターライト』(TYCOON BOOKS、2014)。今春イギリスの出版社MACKより写真集『Transparency is the new mystery』が発売。Foam写真美術館(オランダ)、アマナコレクションに作品が収蔵されている。