feature

これ、もしやフラフープ!?YCC Temporary 鬼頭健吾【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年7月18日


これ、もしやフラフープ!?YCC Temporary 鬼頭健吾【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】
これ、もしやフラフープ!?YCC Temporary 鬼頭健吾

 

〜girls Artalk的おすすめポイント〜

♡YCC ヨコハマ創造都市センターで、「YCC Temporary」の第3弾が開催!今回は美術家の鬼頭健吾さんによる展覧会です♪

♡このカラフルな曲線、どこかで見覚えはありませんか…?実はフラフープ!鬼頭さんは布や糸、鏡など身近なもので巨大なインスタレーションを作成する、個性的な作家さん。

♡広い空間で自由に広がる作品たちを見ていると、小さな悩みなんて吹き飛びそう!

♡会期は8月4日から。目にも鮮やかな作品群は素敵な夏を予感させてくれます…☆

 

 

【概要】
YCC Temporary 鬼頭健吾
日時:2017年8月4日(金)〜9月17日(日)
時間:11:00~18:00(金土祝19:30まで)※入場は閉場の30分前まで
会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 3階
入場:500円(高校生以下入場無料)※高校生は要学生証提示
主催:YCC ヨコハマ創造都市センター(特定非営利活動法人 YCC)
助成:芸術文化振興基金
後援:横浜市文化観光局

 

【アーティスト情報】
鬼頭健吾( Kengo Kito)

 

 

1977年愛知県生まれ。群馬県高崎市在住。1999年、アーティストによる自主運営スペース「アートスペースdot」(愛知県西春町)の設立、運営に参加するなど名古屋芸術大学在学中から作家活動を開始。フラフープ、糸、鏡など、日常的な既製品を用いて、インスタレーション、平面、立体、映像など多様な表現方法にて作品を制作・発表し続けている。2008-09年、五島記念文化財団の助成を受けニューヨークに滞在。2010年、文化庁新進芸術家海外研修員としてドイツ・ベルリンに渡る。近年の主な展覧会に「Migration 回遊」(群馬県立近代美術館,2015年)など。2016年より京都造形芸術大学准教授。
(Photo: 大木太)

 

 

【カラフルな作品が好きな人にはこのアーティストもおすすめ!】
「ペタペタ」の魅力を教えて! EARTH+GALLERY 青山健一展   スペシャルインタビュー
~夢や少年時代から紡ぐアートの姿~田名網敬一
渋谷マークシティー×girls Artalk オリジナルハロウィンアート展開