feature

【今週のおすすめアート】没後10年「長新太の脳内地図」 展

NEWS

2015年7月8日


【今週のおすすめアート】没後10年「長新太の脳内地図」 展


〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

♡独特のユーモアあふれるナンセンス絵本で戦後の日本の絵本に新境地を切り拓いた長新太さんの展覧会。

♡絵本や子どもの本の原画のほか、漫画やイラストレーションなども展示しています。

♡「イマジネーション」、「センスとナンセンス」の2部構成で、10のテーマから約130点の作品には見応え満載。

 

【情報】

ちひろ美術館
〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2

10:00~17:00(最終入館16:30)

月曜日(祝休日は開館、翌平日休館。GW・8月10~20日は無休)

高校生以下無料、大人800円

 

【関連イベント】

長新太の脳内フェス

●ねりパパ絵本ライブ 読んで!チョーさんの絵本

  • 等身大キャベツくんもやってきます!絵本や歌、手遊びを通じて楽しく遊びま しょう。
  • 7月26日(日)11:00~12:00 *参加自由、無料
  • 協力:ねりパパ(練馬イクメンパパプロジェクト)、文研出版

●アートテラーとに~が語る長新太の魅力

  • アートテラーとに~さんが、軽妙でわかりやすいトークで、長新太のユーモアとナンセンスの世界に迫り、新たな魅力を掘り起します。
  • 7/26(日)17:30~19:00
  • 講師:アートテラーとに~(日本で唯一の*アートテラー)
    *“美術” をわかりやすく、面白いと感じるようなトークをする専門職
  • 定員:80名
  • 参加費:700円(入館料別)
  • *要申し込み 6/26(金)受付開始

・ギャラリートーク

  • 日程:6/6(土)・6/20(土)・7/4(土)・7/18(土)・8/1(土) 
  • 時間:14:00~
  • ※参加自由・無料(入館料のみ)

 

【アーティスト情報】

長 新太 (ちょう しんた/1927~2005)
東京に生まれる。1948年東京日日新聞のマンガコンクールに一等入選し、漫画家となる。1958年堀内誠一の勧めで、最初の絵本『がんばれ さるの さらんくん』を手がける。1959 年『おしゃべりなたまごやき』で文藝春秋漫画賞、1981年『キャベツくん』で絵本にっぽん大賞、2005年『ないた』で日本絵本大賞など受賞多数。柔軟で斬新な発想の絵本を発表し続け、日本の絵本界にナンセンスの分野を切り拓いた。