feature

【今週のおすすめアート】所 幸則 Tokoro Yukinori『アインシュタインロマン』

NEWS

2015年6月22日


【今週のおすすめアート】所 幸則 Tokoro Yukinori『アインシュタインロマン』


〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

♡敬愛するアインシュタインの特殊相対性理論へのオマージュ作品。

オープニングレセプション&ダンスパフォーマンスが
 6月19日(金) 19:00~21:00
 H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHIで開催されます。

♡科学の進化と人間の意識によって変貌しつつある”写真”という概念を覆すアート。 

 

走行中の新幹線の車窓からシャッターを切り、流れゆく風景をカメラに収める所幸則。 

切り取られる一瞬の中で、被写体となる物は容易に形を変え、日常では感じ得ない”危うさ”を画面に漂わせます。

緊張を孕んだ静謐な世界観を、この機会にぜひご高覧ください。 

 

【情報】

H.P.FRANCE WINDOW GALLERY 

〒100-6301 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング1F

営業時間:月~土 11:00-21:00/日祝 11:00~20:00 

本展に関するお問い合わせ 

Tel: 03-3797-1507 (hpgrp GALERRY TOKYO) 

Email: art@hpgrp.com 

URL: http://hpgrpgallery.com/window 

 

【アーティスト情報】

所 幸則 Yukinori Tokoro 

在、大阪芸術大学客員教授
1961年生まれ。大阪芸術大学卒業後、フリーのフォトグラファーとして活動。
1992 年世界写真見本市「フォトキナ 92」で「世界の新しい表現者」の日本代表として作品が選ばれる。
その後、海外の雑誌に特集が組まれるなど国内外で活躍。
生命の息づく空気の流れや、脈動にそってわずかに動く皮膚の震え、
生きていることだけを抽出して感じさせるような微妙なものを表現してみたい。
一瞬の静止した世界に留めさせながらも、そこに確かに存在しているはずの生命体をリアルに見てみたい。
目に映るものを超えた自分が見たいもの、脳が、心が見ているものを、
写真という技術を借りて表現したいという、純粋な情熱によって生み出された幻想的な作品は、
普遍的な美のイメージと、独自の手法を融合させた、誰にもまねのできない世界。それは他の追随を許さない。
独特な世界観をもち、現実と非現実を浮遊しているような奇跡とも言える作品は、
写真という枠組みを超え、世界的にも類いなアーティストとして各界から高い評価を得ている。