feature

突如、夏に現れる異空間「YCC Temporary ダムタイプ」 「RED ROOM #4」【今週のおすすめアート】

NEWS

2018年8月5日


突如、夏に現れる異空間「YCC Temporary ダムタイプ」 「RED ROOM #4」【今週の


 

【今週のおすすめアート】
突如、夏に現れる異空間
「YCC Temporary ダムタイプ」 「RED ROOM #4」

 

 

〜girls Artalk的♦︎おすすめポイント〜
♦︎常に私たちに新鮮な驚きを与えてくれるYCC ヨコハマ創造都市センターにて、2018年9月7日(金)~9日(日)の期間、アーティストグループ「ダムタイプ」が過去のパフォーマンス作品「pH」と「S/N」の記録映像スクリーニングを披露します。
♦︎「ダムタイプ」は国際的に高い評価を得ているアーティストグループで、映像・音楽・ダンスをの領域を飛び越えるようなパフォーマンスを繰り広げてきました。「ダムタイプ」のアーカイブ的な映像作品をライブサウンド・オペレーションでお楽しみ下さい。
♦︎また、2018年9月21日(金)・22日(土)19~23時の2日間、アート・ラウンジ「RED ROOM #4」がYCC ヨコハマ創造都市センター石造エントランスにて開催されます。
♦︎「RED ROOM 」は名前が指す通り、インテリア、照明、空間全てが赤で染まりあがるイベントです。第4回目の今回は、高橋匡太と川口怜子が空間を手掛けました。1日3回、開催されるショウでは、二人のドラァグ・クイーン(フランソワ・アルデンテとチャンジャ・セモリナ)と振付家でダンサーの辻本佳、音楽家:LaLa(山中透)のパフォーマンスを鑑賞できます。
♦︎「RED ROOM #4」から入場料1500円・ワンドリンク付きになり、「赤い部屋」は更なる盛り上がりが期待できそうです。お楽しみに。

 

 

 


Photo: Mito Murakami

 

 

 

【開催概要】
「YCC Temporary ダムタイプ」
日程:2018年9月7日(金)〜9日(日)
時間:9/7(金) 18:00-(pH) / 20:00-(S/N)
9/8(土) 15:30-(pH) / 17:30-(S/N)
9/9(日) 15:30-(pH) / 17:30-(S/N) 
※上映時間「pH」68分、「S/N」68分
※各回入れ替え制、開場は上映30分前
会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 1階ギャラリー
料金:前売券 1,500円 当日券 1,800円(全席自由)
※一作品の上映鑑賞につき、それぞれ料金が発生します
※18歳未満の方は入場できません
※当日券は会場での販売のみとなります。なお、前売券販売により定員に達した場合は、その上映回の当日券販売は行いませんのでご了承ください。残席状況は下記特設サイト、YCCの公式SNS等にて随時お知らせいたします
定員:各回50名
前売券販売:Peatix https://yct06.peatix.com/
※定員に達し次第、販売受付を終了します。

主催:YCC ヨコハマ創造都市センター(特定非営利活動法人 YCC)
共催:横浜アーツフェスティバル実行委員会(Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018)
後援:横浜市文化観光局            
協力:ダムタイプオフィス
企画:長田哲征(YCC / offsociety inc.)
機材協力:株式会社サンテクニカル

 

 

 

「RED ROOM #4」
日程:2018年9月21日(金)・22日(土)
時間:19:00-23:00
※ショウタイム:19:45- /20:45- /21:45- (予定)
※上記の時間以外にもサプライズ・ショウを予定しています
会場:YCC ヨコハマ創造都市センター 1階石造エントランス
入場:1,500円(ワンドリンク付き)
※今回より入場料制となります

アートワーク:高橋匡太+川口怜子
パフォーマンス:マダム・レッド(フランソワ・アルデンテ)、レッド・ガール(チャンジャ・セモリナ)、辻本 佳
音楽&DJ:時空を旅する音楽家(LaLa – 山中透)
ドラマトゥルグ:出口雨

主催:YCC ヨコハマ創造都市センター(特定非営利活動法人 YCC)
後援:横浜市文化観光局
企画:長田哲征(YCC / offsociety inc.)

詳細は特設サイトにてご確認ください。
特設サイト:http://yokohamacc.org/redroom/

 

 

 

【舞台やダンスが好きな人にはこちらもおすすめ】
こんな舞台初めて!『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018』アフターレポート
リハーサル現場に潜入! コンテンポラリーダンス✕能楽堂 異なるジャンルが創るあたらしい舞台

 

 

 

 

 

バナー画像は
「S/N」 Photo: Yoko Takatani








トップへ