feature

「原点を、永遠に。―2018―」19世紀の巨匠から現代まで、95人の写真家の“原点”

NEWS

2018年3月20日


「原点を、永遠に。―2018―」19世紀の巨匠から現代まで、95人の写真家の“原点”


 【今週のおすすめアート】
「原点を、永遠に。―2018―」19世紀の巨匠から現代まで、95人の写真家の“原点”

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜
♡東京都写真美術館にて3月24日(土)から5月13日(日)までの期間、19世紀の巨匠から現代まで、95人の写真家の“原点” 青年期の芸術の意義を問う大規模なフォト展覧会が開催されます。
♡本展は、清里フォトアートミュージアム収蔵作品展。19世紀から21世紀にかけて活躍した写真家の35歳までの作品、ヤングポートフォリオを展示しています。
♡会期中は、前期と後期に分け、 前期は(3月24日〜4月15日)、1886年から2016年までの作品を年代順に並べ、写真家が切り拓いてきた軌跡を辿る「歴史篇」として、後期(4月17日〜5月13日)は作家名をアルファベット順に並べ、一人一人の写真家の個性や作品の多様性を感じる「作家篇」として開催します。
♡写真と写真家のために生きる美術館として誕生した清里フォトミュージアムが問いかける「芸術における青年期の意義を体感してみてください。
♡3月24日(土) 3月25日(日) 4月7日 (土)4月21日(土)には、写真家やミステリー作家をお迎えして、無料のギャラリートークも開催されます。

 

 

 



細江英公(日本、1933) 《おとこと女 #20》1960年 (C)Eikoh Hosoe

 

 

 


植田正治(日本、1913-2000) 《少女たち》1945年 (C)Shoji Ueda Office

 

 

 


ロバート・キャパ(ハンガリー、アメリカ、1913-1954) 《連合軍による北フランス攻撃開始日(Dディ)、フランス、オマハ・ビーチ、1944年6月6日》1944年 (C)Robert Capa/ICP/Magnum Photos

 

 

 


エリザベス・ハウスト(ロシア、1992) 《散々な日々》2012年 (C)Elizabeth Haust

 

 

 

展覧会概要】
清里フォトアートミュージアム収蔵作品展 「原点を、永遠に。―2018―」
会期: 2018年3月24日(土)〜5月13日(日)
前期:3月24日〜4月15日
後期:4月17日〜5月13日
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
時間:10:00~18:00(ただし木・金は20:00まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館: 毎週月曜日(ただし、4月30日(月・振)、5月1日(火)は開館)
入場:無料
主催:清里フォトアートミュージアム(K MoPA)
共催:東京都写真美術館

 

 

 

【ギャラリートーク概要】
3月24日(土)14:00〜15:00 中藤毅彦(写真家)×柊サナカ(ミステリー作家)
3月25日(日)14:00〜15:00 瀬戸正人(写真家)
4月7日 (土)14:00〜15:00 川田喜久治(写真家)
4月21日(土)14:00〜15:00、16:00〜17:00 鬼海弘雄(写真家)

 

 

 

【写真展が好きな人へおすすめ記事!】

写真家レイモン・ドゥパルドン特集! [前編] 写真展「DEPARDON / TOKYO 1964-2016」

女性の美的瞬間に迫る『フランク ホーヴァット写真展 Un moment d’une femme 』

海と向き合って40年 写真家芝田満之が捉えた表情豊かな色彩

貫け、己を。ステイ・パンク!写真家ハービー・山口 インタビュー

 

 

 

バナー画像は篠山紀信(日本、1940) 《誕生》1968年 (C)Kishin Shinoyama








トップへ