feature

「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘-受けつがれるもの」展【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年10月31日


「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘-受けつがれるもの」展【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】

「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘-受けつがれるもの」展 

 

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡神奈川県の川崎市岡本太郎美術館で、11月3日から企画展「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘-受けつがれるもの」展が開催されます。

♡岡本太郎の精神を受け継ぎ、独自の表現を模索したメディア・アートの先駆者 山口勝弘の作品をはじめ、プロジェクションマッピングといったメディア・アートを手がける次世代のアーティスト10組が、岡本太郎作品とコラボします♪

♡メディア・アートの軌跡や変革も感じることができる内容です。

♡岡本太郎のアートをVRで体験できる作品も! 新しい試みを目撃してみてください♪

 

 

【概要】

「岡本太郎とメディアアート 山口勝弘-受け継がれるもの」

会期:2017年11月3日〜2018年1月28日

会場:川崎市岡本太郎美術館

住所:川崎市多摩区枡形7-1-5

電話番号:044-900-9898

開館時間:9:30〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで

料金:一般 900円 / 高校生・大学生・65歳以上 700円 / 中学生以下 無料

参加作家:幸村真佐男、高橋士郎、中嶋興、原田大三郎、P.I.C.S. TECH(寺井弘典、弓削淑隆、坂本立羽、中村祐樹、上野陸)、岩井俊雄、田中敬一、明和電機、森脇裕之、クリストフ・シャルル

ホームページ:http://www.taromuseum.jp

 

 

「最先端のメディア・アートが分かる関連記事は、こちらから♪」

日仏メディアアートに衝撃!第6回「デジタル・ショック」 ―欲望する機械― 

メディアアートの未来の可能性を体感! 第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

 

 

バナー画像:山口勝弘 黒い太陽—岡本太郎に捧ぐ— 1996








トップへ