feature

資本主義の問題から真っ向から立ち向かえ!播磨みどり展 「Year Without a Summer」

NEWS

2017年6月2日


資本主義の問題から真っ向から立ち向かえ!播磨みどり展 「Year Without a Summer」


【今週のおすすめアート】
資本主義の問題に真っ向から立ち向かえ!播磨みどり展 「Year Without a Summer」

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡播磨みどりさんの新作個展「Year Without a Summer」 がMAHO KUBOTA GALLERY にて6月30日(金)より開催。

♡彼女の作品はちょっと変わった手法で有名です。新聞や本などのメディアを抽出して、アーカイヴァルペーパーなどにゼロックスコピーして張子状にして彫刻にしていくのです。

♡近年はこの手法から離れ、近代の問題をテーマに扱っていますが、一貫して「世界」と相対する「個人の思想」との関係を表現しています。

♡「Year Without a Summer」という本展のタイトルは約200年前、ヨーロッパや北米で実際に起こった、夏の無い異常気象のこと。

♡目まぐるしく変わりゆく資本主義経済と、解決されない問題。彼女は今回の展覧会の為にポーランドを訪れ「圧倒的にわからないもの」と対決することになりました。

♡彼女はポーランドで何を考え、見つけたのか。作品群の行方を是非あなたの目で確かめ下さいね。

 

 

【情報】

播磨みどり「Year Without a Summer」

会期:2017年6月30日(金)- 8月5日(土)

会場:MAHO KUBOTA GALLERY

時間:12:00-7:00pm

住所:東京都渋谷区神宮前2-4-7 1F

URL:http://www.mahokubota.com