feature

【映画】クリムトの絵画に隠された真実の物語。11月27日(金)全国ロードショー『黄金のアデーレ名画の帰還』

NEWS

2015年10月27日


【映画】クリムトの絵画に隠された真実の物語。11月27日(金)全国ロードショー『黄金のアデーレ名画の


クリムトが描いた、一枚の肖像画。

ナチスに奪われた叔母のアデーレの肖像画返還を求め、

国を訴えた女性の奇跡の実話。

数奇な運命を巡った名画に秘められた真実の物語が、

今、明かされるー

 

【簡単なストーリー】

20世紀が終わる頃、ある裁判がニュースが世界を仰天させた。

アメリカに暮らすマリア・アルトマン(82歳)が、オーストラリア政府を告訴したのだ。

“オーストラリアのモナリザ”と称され、国の美術館に飾られてきた

クリムトの名画 <<黄金のアデーレ>> を、「私に返して欲しい」という驚きの要求だった。

伯母・アデーレの肖像画は、第二次世界大戦中、ナチスに没収されたもので、

正当な持ち主であった自分の元に返して欲しいというのが、彼女の主張だった。

共に立ち上がったのは、駆け出しの弁護士のランディ。

対するオーストラリア政府は、真っ向から反論。

大切なものを奪われ、祖国を捨てたマリアが、クリムトの名画よりも

本当に取り戻したかったものとはー?

 

動画予告:

 

~girls Artalk的♡本作の見どころ~

グスタフ・クリムト

19世紀末から20世紀にかけて活躍した象徴画を代表する画家。

黄金色を多用した豪華で装飾的な画面構成と、明確な輪郭線を用いた対照描写、

平面的な空間表現など、人物の顔や身体で写生的描写を混合させた独自の表現。

世紀末独特の退廃・生死・インビ的な要素を感じさせる作風も特徴。

「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」は世界が最も高額な絵画TOP10に入る。

d0028322_15275370
(出典:http://nosumi.exblog.jp/22098844/)

 

ヘレン・ミレン

いつも元気でかなり頑固、

おちゃめな毒舌とユーモアが冴えるマリアを愉快に演じる彼女。

幼い頃から演劇に興味を持ち、両親の勧めで教員養成学校に入るが中退。

65年にクレオパトラを演じて舞台デビューをかざり、69年「としごろ」で映画デビュー。

以降、問題作に出演する傍ら、話題作にも出演を果たす。

90年からは『第一容疑者』シリーズで主役を演じて注目を浴びる。

94年の『英国万歳!』でアカデミー助演女優賞に初ノミネートし、

01年には『ゴスフォード・パーク』で同賞に2度目のノミネートを果たす。

誰もが認める英国を代表する名女優として、英国女王から”デイム”の称号を授与された。

41248_01_l
©THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION /
 ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD)

 

【情報】

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

11月27日(金)全国ロードショー

監督:サイモン・カーティス

出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール

配給:GAGA★

題目:WOMAN GOLD

2015/アメリカ・イギリス/109分/カラ-/シネコン/5.1チャンネル

 HP:http://golden.gaga.ne.jp

 

文 / 新麻記子