event

YU-KA レコ発ワンマンLIVE レポート@ 銀座 Lounge ZERO 

NEWS

2015年11月30日


YU-KA レコ発ワンマンLIVE レポート@ 銀座 Lounge ZERO 


gAにも【今週のおすすめイベント】で紹介させていただいた、仙台出身のシンガーソングライターYUーKA 。

今回1stアルバム「Avanti」の発売を祝して、銀座 Lounge ZERO で開催された1stステージの模様をお届けする。

 

ピンクの照明を浴びて、鍵盤にそっと手を置き、『Black Bird』からLIVEはスタートした。

軽やかなタッチと伸びのある彼女の声に会場は暖かい雰囲気に包まれた。

MCでは「とても緊張している。」と微笑みをこぼして話していたが、

そのような様子は感じさせない…寧ろ、余裕のあるパフォーマンスだと言える。

 

IMG_3783

 

続いて、ドラムの山内陽一朗氏と、ベースの村谷ゆうすけ氏を迎え、

アルバムにも収録されている『風を翔ける少年』を披露。

この楽曲はインストゥルメンタルで、タイトルの文字通り疾走感とともに、

胸の中に爽やかな風が吹き抜けるていくような仕上がりになっている。

トリオの編成にもかかわらず、ダイナミックな演奏に驚いた。

そして、ギターの西尾国弥氏を加え、世界的人気を誇るボサノヴァの代表曲

Girl from Ipanema -イパネマの娘-』が届けられた。

YUーKAの伸びやかな歌声にとってもマッチしている。

「(彼女の姿を見て)みんながハァとため息をつく」という歌詞にもあるとおり、

その素晴らしい演奏に見とれ、観客が深いため息をこぼしていた。

 

IMG_3789

 

YUーKAと同郷で、幼い頃から苦楽を共にし、現在仙台を中心に活動を行っている、

ゲストダンサーの高橋茉那氏を迎えて、ドビュッシーの『月の光』をジャズワルツのアレンジで披露してくれた。

バンドのしっとりとした楽曲に合わせて、高橋氏の躍動感あふれるモダンバレエの表現。

静と動のメロディーと身体表現から楽曲の解釈が深まる。

 

IMG_3793

 

続いて、友人の結婚式のために書き下ろしたという『これまでの道、これからの道』が演奏された。

これまで披露されたジャズやボサノヴァナンバーとは一線を画し、

繊細なアコースティックナンバーで会場を優しい雰囲気で包み込んだ。

そして、トロンボーンとコーラスを担当するKotetsu氏を加えて『Secret Place』を届けてくれた。

この楽曲はKotetsu氏とのデュエットソングになっている。

YUKAとKotetsu氏の息の合った掛け合いは、男女の恋模様を描いた歌詞の世界観を反映させ、

楽曲が持つ妖艶な魅力を引き立たせる。

 

IMG_3800

 

最後には、アニメ ルパン三世のエンディングソングより『ちゃんと言わなきゃ愛さない』が披露された。

再びゲストダンサーの高橋 茉那迎え、リズミカルな楽曲に合わせて、

可愛いダンスパフォーマンスで会場を沸かした。

そしてYUーKA自身も本編で歌う石川さゆり顔負けの力強い歌声で歌い上げ、

1stステージはあたたかい拍手とともに幕を閉じた。

 

今回LIVEで演奏された楽曲は、ジャズやボサノヴァのスタンダードナンバーだけでなく、クラシックのアレンジ。

そして、自身が手がける1stアルバム「Avanti」に収録されているアコースティックなオリジナルソングなど、

音楽ジャンルに捉われず、そして偏らず、幅広く楽しむことができた。

 

ハードルが高いと思われがちなジャズ、ボサノヴァ、クラシックの楽曲をオリジナル楽曲に織り交ぜ、

ダイナミック且つ繊細な演奏のクオリティを維持しながら、

聞き手にとって素晴らしい環境を提供するだけでけでなく、

ダンスとのコラボレーションにより音楽にはない表現が加わり、

楽曲の解釈を反映させるのにも役立っていると言えるだろう。

 

このようなLIVE構成から聞き手を考えた取り組みを行っている

YUーKAの歌声が響くあたたかい会場に再び足を運びたいと思う。

 

12305621_931176503641673_401555725_n

 

文・写真:新麻記子

 

【情報】

YUーKA アルバムCD 絶賛発売中! 

12190958_918870048205652_4604579085480606932_n

1. 風を翔る少年

2. Girl from Ipanema

3. 月の光

4. Secret Place

5. Avanti

6. ひまわり

7. しあわせのランプ