colum

ガウディの恋 〜水彩で彩るアーティストの恋〜

NEWS

2017年4月2日


ガウディの恋 〜水彩で彩るアーティストの恋〜


ガウディの恋 〜水彩画で彩るアーティストの恋〜

とあるアーティストの恋 vol.1

とあるアーティストの恋。

1回目は、誰もが一度は見たいと願うサグラダ・ファミリアを遺した建築家「ガウディ」の恋について触れたいと思います。

多大なる功績を遺したガウディは、実は恋愛下手だったことはご存知でしょうか。

ガウディは生涯独身でしたが、3度の恋に落ちました。

初めての恋は、彼が31歳のとき。

建築家となってから最初の大作「カサ・ビセンス」の依頼を受けた頃でした。

ジョセフィーナという離婚歴のある、小学校の教師に恋をしたのです。

口下手なガウディはひとりでは彼女と話すことができず、姪を連れて彼女の元に毎週通いました。アプローチをするも、ジョセフィーナは別の男性と婚約してしまい振られてしまいました。

2度目の恋30歳半ばの頃と言われています。

ガウディは、教会で祈りを捧げるクリスチャンの女性に一目惚れをしたのです。

祈る彼女の姿は、ガウディの目に神々しく映ったのでしょうか。

恋に落ちたガウディは思いきって声をかけたのですが、彼女は修道女になり、2度目の恋も片思いに終わってしまいました。

3度目の恋に落ちたのは、ガウディが地中海に面する地へバカンスに出かけたときのことです。

偶然その地に、芸術に造詣の深い知的なフランス人の女性がいました。

2人は意気投合し、時間が経つのも忘れ芸術について語り合いました。

しかし、その女性には婚約者がいて、出会ってすぐ婚約者とともにフランスへ旅立ってしまいました。

その後、ガウディはしばらくして彼女の住む南フランスに出かけます。彼女の幸せを確認して諦めるためだったのでしょうか。残念ながら彼女には会うことができず帰路につこうとしたとき、彼女の白いドレス姿を認め、列車の中で泣き続けたそうです。

この恋は、ガウディの心の中に残り続けます。

2人が語り合ったとき、地中海の美しさに感動する彼女に、ガウディは「いつか、この美を建築で表現したい」と言いました。

ガウディが晩年を迎えた時、その思いは「カサ・バトリョ」「カサ・ミラ」に再現されることとなります。

それらの建築には、ガウディと彼女が見た、地中海のきらめきと波が表現されています。

純粋で、ほろ苦いガウディの恋はいかがでしたか。

また、アーティストの恋を水彩画とともにお届けしたいと思います。

水彩画・撮影・文  堀 有希子

✳︎絵はイメージです。

〈参考文献〉GAUDI ガウディが知りたい!(株)エクスナレッジ



Writer

堀 有希子

堀 有希子 - Yukiko Hori -

1985年、東京都出身。

企画の仕事の傍ら、2015年より水彩画を制作。

 

いつも見過ごしてしまうような日常の中から、瑞々しい大切な気持ちを表現したい、そんな気持ちを込めて水彩画を描いています。

 

Yukiko Hori insta https://www.instagram.com/yukko_96/

Yukiko Hori web site http://hapticart.net/

 






トップへ