artdate

イケメンと行く妄想アートデート★深くて新しい恵比寿篇

NEWS

2016年10月29日


イケメンと行く妄想アートデート★深くて新しい恵比寿篇


イケメンと行く妄想アートデート

深くて新しい 恵比寿篇

 

 

約2年間の休館を経てのリニューアル・オープンで話題の東京都写真美術館にイチ早く行きたい!

ということで、今回は恵比寿エリアを舞台にしたアートデート。

 

お相手は、若手のペインターとしてご活躍中の山脇紘資さん。(以下Y)

バンドでギターボーカルも務めるなど、マルチタレントの持ち主です。

 

今回は、「付き合って数日」という、なんとも初々しい設定のデート!忘れかけていた(?)照れやドキドキを存分にご堪能ください。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

お一人様歴3年。恋愛ってなんだっけ?!と忘れるくらいだった私に、3日前、ついに春が来た。

 

ひょんなことからお付き合いすることになった彼は、なんとアーティスト。

東京藝大の大学院を卒業して、画家としてキャリアをスタートさせた今注目の若手です。

 

何となく以前からお互いに気になっていたものの、実は彼のことをそんなに深く知らない……。もっとお互いのことを知る第一歩!ということで、お付き合いして初めてのデートは彼の大好きな美術館に繰り出すことに。

 

恵比寿在住の彼の提案で、今回は恵比寿アートデートに決定。

ちょうど、2年間休館していた東京都写真美術館がリニューアルオープンしたばかりということで早速訪れてみることにしました。

 

 

p1040807

p1040443

 

 

Y:「東京都写真美術館(TOP)は家から近いから、休館前はよく来ていたんだ、懐かしいなぁ。」

 

私:「私もちょくちょく来ていたよ〜!マンガのニァイズも読んでたw」

 

Y:「実は、僕がペインターになって最初にお世話になったのが写真のギャラリーだったんだ。その影響もあって写真を見るのが好きなんだよね〜。」

 

 

などと話しながら、リニューアルで広くきれいになった受付を抜けて展示室へ……。

今回は、「世界報道写真展」と「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展の2つの展示をみることにしました。

 

まずは、サクッと見れそうな「世界報道写真展」へ。

 

 

私:「世界報道写真展、実は初めてきたよ〜。お硬いイメージでなかなかハードルが高そうだけれど……。」

 

Y:「イメージは確かにそうかもしれないけど、意外と面白いよ。世界報道写真展って、ドキュメンタリーや報道写真の展覧会で、コンテストで選ばれた作品が展示されてるんだ。今年は約83,000点の中から選ばれた作品なんだって。」

 

私:「そんなに応募があったのね!」

 

Y:「世界中から応募があるんだけど、今回はめずらしく日本人写真家の作品も選ばれてて気になっていたんだ!見てみようよ〜。」

 

p1040449

 

 

 

人々の部門で1位をとったという、小原一真さんの写真はこちら。

 

exposure

人々の部 組写真1位

小原一真(日本)2015年6月30日 キエフ(ウクライナ)

 

 

 

Y:「この写真は、チェルノブイリにあった家に残されていたフィルムを使って、原子力事故の被害者を撮影した作品なんだ。」

 

私:「え!そうなの?フィルムは普通に使えるんだね?」

 

Y:「本来なら難しいみたいなんだけど、写真家の小原さんが試行錯誤の上で編み出した手法みたい。加工も一切していないんだって。」

 

私:「だから、写真がぼんやり白っぽくなってるのかな〜。」

 

 

 

被写体は胎児の時に被爆した女性。一見なんの損傷も受けていないように見てるけれど、甲状腺炎や、うつ病などに苦しんで戦いながら生きているのだそう。

 

 

 

p1040446

 

 

Y:「今回大賞に選ばれたのはこの写真だよ。」

 

と、指差した先には難民がまさにフェンスを越えようとしているシーンが写っています。

 

 

Migrants crossing the border from Serbia into Hungary.

世界報道写真大賞 スポットニュースの部 単写真1位 

ウォーレン・リチャードソン(オーストラリア)2015年8月28日 レスケ(ハンガリー南部)

 

 

午前3時頃、月明かりだけを頼りに撮影されたこの写真。撮影したウォーレン・リチャードソンさんは下記のように語っています。

「家族を大切にする彼らが望むことは、私たちが享受しているのと同じ生活をすることだけなのです。結局のところ、この地球は私やあなたのものであるのと同じく、彼らのものでもあるのです。フェンスを作り、あなたはこっちの土地には来られないからそっちにいなさい、と言うことがなぜできるのでしょうか。」

 

 

 

テレビのニュースでは見ることができない、ほんの一瞬だけれど大切な瞬間。

堅苦しい、と敬遠せずにもっと早くみに来ればよかったと思いました。

 

 

p1040455 p1040465

 

 

 

 

そして、次は楽しみにしていた「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展へ!

 

 

Y:「杉本博司さんは写真家として世界中で超有名だけれど、写真だけでなく舞台の監修をしたり、建築家としての顔を持っていたり、幅広いジャンルで活躍しているから写真家というより現代美術家って感じだよね。」

 

私:「そうだよね〜、杉本さん設計のレストランや美術館、私も行ったことあるよ。」

 

Y:「展示は3階がインスタレーション、2階が新作の写真作品みたい。コレクターとして色々収集していることでも有名な杉本さんの一面も見れそうだね!」

 

dscf0554

 

今回の展覧会は「人類と文明の終焉」という壮大なテーマを掲げ、

世界初発表となる新シリーズ<廃墟劇場>、日本初公開の<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>、新インスタレーション<仏の海>の3シリーズを2フロアに渡って展示しているのだそう。

 

まずは、3階のインスタレーションから入ってみると…

展示室の壁をボロボロの廃材で覆われているのと、ほの暗い照明の効果もあって美術館というよりはテーマパークに来たような感覚になりました。

 

 

<今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない>では、人類と文明が終る33のシナリオを自身の作品や収集した古美術、化石、書籍、歴史的資料等から構成したインスタレーション。

理想主義者、バービー人形、漁師……、など色々な職業の人が、世界の終わりに残した手紙、という設定で、手書きの手紙とその人にまつわるアイテムがブース毎に展示されています。

 

 

歴史や戦争がテーマになったシリアスなブースもあれば、雷発生装置のデモンストレーションや、30分おきに歌って踊るロブスター、フランス語で「世界の終わり」と話すオウムがいたりと、

思わずクスッと笑ってしまう楽しい仕掛けもあって、ちょっと緊張気味だった2人も打ち解けてきました。

3

雷神 鎌倉時代 ©Sugimoto Studio

4 歌って踊るロブスター ©Sugimoto Studio

 

 

私:「なんだか、杉本ワールドのテーマパークみたいだね。頭の中を覗いているような気分になる〜。」

 

Y:「それぞれのシナリオがまた面白いよね。手紙は、杉本さんの知人に直筆で書いてもらっているんだって。参加している人も豪華だよね〜。建築家の磯崎新さんが建築家役を代筆していたり、一部本物も混じっている(笑)」

 

私:「展示のセッティングや世界観づくり、手が込んでいるね〜。」

 

 

p1040508

 

インスタレーションを楽しんだあとは、世界初公開の新作が待っている!ということで2階の展示室へ……。

 

 

今回世界初公開となる<廃墟劇場>は、1970年代から制作している<劇場>が発展した新シリーズだそう。

廃墟と化したアメリカ各地の劇場で、杉本さん自らスクリーンを張り直して

映画を投影し、上映一本分の光量で長時間露光した作品です。

 

 

6

〈廃墟劇場〉2015(展示風景)©Sugimoto Studio

 

 

 

2人:「ウワァ〜〜〜〜〜!」

 

と、思わず声が出てしまうくらいカッコイイ作品。

杉本さんの作品は、図録や雑誌、webサイトなどでは何度も見ていたけれど、オリジナルプリントの破壊力と言ったら、もう、半端ないです!

 

私:「すごすぎる……、ほんとにカッコイイね!」

 

Y:「廃墟の劇場に実際に足を踏み入れたような臨場感があるよね〜。近寄ってみても、画像のキメが荒れた感じもないし。

 

劇場シリーズもそうだけど、映画まるまる1本を上映しているあいだ、ずっと撮影して1枚の作品になっているんだって。

この、朽ちた屋根の隙間から射し込むやわらかい自然光とかすごすぎる。」

 

私:「ほんとだね〜!どうやって撮っているんだろうねぇ。」

 

 

作品は、大型カメラでフィルム撮影し、「ゼラチン・シルバー・プリント」という精度の高いプリント技術によって仕上げられたのだそう。

ほんとうに細かい部分まできれいに見えるのはそれがヒミツなんですね。

 

 

p1040489

 

Y:「上映している映画の説明を読むと、また見方が変わるよね〜。これは、黒澤明監督の『羅生門』、あっちはディズニーの『白雪姫』だって。」

 

私:「わ〜、ほんとだ! 映画の解説もわかりやすいね。杉本さんはどんな気持ちでこの劇場には、この映画、って選んでいったんだろうね。」

 

 

映画の解説文の下には、古典からの一説や杉本さんのコメントが書かれていて、それがまたいい感じ。

 

5

杉本博司《パラマウント・シアター、ニューアーク》(スタンリー・クレーマー『渚にて』1959)2015年、ゼラチン・シルバー・プリント ©Hiroshi Sugimoto / Courtesy of Gallery koyanagi

 

 

例えば、

スタンリー・クレーマー『渚にて』の解説の下にはこんな言葉が。

 

「たけき者も遂にはほろびぬ ひとえに風の前の塵に同じ」

 

それぞれの劇場で上映されている作品と、杉本さんの選んだ言葉からは「世界の終わり」「諸行無常」感がたっぷり漂っている気がしました。

 

 

 

7

〈仏の海〉1995(展示風景)©Sugimoto Studio

 

 

 

廃墟劇場シリーズの部屋を抜けると、ズラーッと並んだ仏様の写真が。

 

Y:「これは京都の三十三間堂の千手観音を撮影した作品なんだよ。1995年に撮影されたものだから結構前のものだけど。」

 

私:「心洗われる〜。」

 

 

 

 

大満足の展覧会をみたあとは、お腹も空いたのでお昼にすることに。

その前に、彼の提案で、ミュージアム・ショップでお気に入りのポストカードを買って交換することにしました。

そんな提案をしてくれる、かわいい一面があるんだ〜と、真剣にポストカードを選ぶ彼の姿を横目に、お互いに見えないようにポストカードをゲット。

p1040526

p1040544

p1040538

 

 

 

 

ちょうど、リニューアルに伴って美術館の1階に話題のカフェ「メゾン・イチ」がオープンしたというので行ってみることに。

 

サンドイッチやキッシュ・デリが人気とのことで、ランチはパンがおかわり自由なのだとか。

 

 

私達はサーモンのサラダランチをチョイス!

おそろいだ〜♡

 

 

p1040597

自家製サーモンマリネのシーザーサラダ(自家製パン付き)/1,000円(税別)

p1040641

 

 

私:「おしゃれだね〜!テンションあがる」

 

Y:「しかもパンすごく美味しい!なんか食べたことある味だなぁって思ったら、恵比寿で時々買いに行くパン屋さんのカフェだった!(笑)」

 

 

私:「え〜普段からおしゃれな食事なんだね!料理とかするの?」

 

Y:「うんっ、するよ〜!得意料理はカルボナーラとフレンチトースト!」

 

私:「女子力高い!!!私負けてるかも……。」

 

Y:「○○ちゃんが料理できなくても、僕が作ってあげるよ〜。」

 

なんて、さらりと見せる女子力(ほんとは男子だけど)にかなり胸キュン。

そして、サラダを頬張る姿が、神々しい!!!

ずっと見ていられます。

 

p1040620

 

 

Y:「ん?どうしたの?!」

 

急に顔をあげてこっちを見つめるので、こっそり眺めていたのがバレてしまったのではとドギマギ。

 

 

Y:「あっ、そうだ!彼女ができたら、アレやってみたかったんだよ〜。」

私:「アレ?」

 

 

Y:「そうそう、ほら、あ〜〜〜ん♡」

p1040706

 

……………

…………………………はい、言うまでもなくキュン死に寸前でした(笑)

 

 

 

 

 

そして、いよいよミュージアムショップでお互いに見えないように買ったポストカードの交換タイム!!!

 

p1040719

 

せーのっ……。

 

p1040737

 

 

彼が選んだのは、杉本博司さんのジオラマシリーズで動物が沢山の作品。動物好きの彼らしいチョイス♡

 

私が選んだ廃墟劇場の写真も、すっごく喜んでくれました。

この笑顔!!!

たまりません。

 

p1040766

 

 

p1040793

p1040799

p1040826

 

そんな楽しいランチのあとは、ガーデンプレイスのパブリックアートで遊びつつ、ギャラリーと本屋さんが一緒になったオシャレスポットNADiff A/P/A/R/Tへ。

彼も画集などをみにちょくちょく来るのだとか。

 

 

p1040832

 

 

まずは2,3FのギャラリーMEMへ。今はなかなか見るチャンスのない森村泰昌さんの初期の作品が展示されています。

 

p1040837

p1040848

 

 

私:「森村さんって写真も撮るんだね〜。」

Y:「80年代の作品で、今知られている絵画の登場人物になりきるシリーズよりも前につくられていたものらしいよ。東京で、展示は今回始めてなんだって!」

 

テーブルの上で小さな世界を幾何学的な美しさでみせる作品や、

サイコロを積み上げたものを一升瓶越しに写真に納め、それを2007年にデータ処理して3Dプリンタで出力したオブジェなど

はじめて見る作品ばかりです。

 

その後1900年代以降の作品も2階に展示されています。

星男が街をさまよっていくというシリーズ(頭の後ろが星型に刈り上げられています)や、

森村さんの考える女優像の作品たちなど……今回はマンレイに関する作品を中心に選ばれているのだとか。

 

p1040852

 

 

地下のNADiffギャラリーでは森村さんの映像作品が上映されています。

トータル2時間ほどあるらしいですが、私達はその中の「ハンド」という手の動きを繰り返しているだけの映像作品を見ました。

 

dscf0557

 

 

Y:「ずっとみていると手にみえなくなってくるね。」

私:「なめらかな動きや細長い指…なんだか女性の手みたいだけど、森村さんご本人の手なんだってね〜。きれいな手だなぁ。」

Y:「森村さんは手というモチーフがとても好きらしく、有名な絵画に描かれた人物の手だけを真似るシリーズもやっているくらいなんだよ〜。」

 

dscf0560 p1040899

 

1階の本屋さんには、今回の展示にちなんだ関連書籍や過去の図録のコーナーも。森村さんご本人イチオシの推薦図書もあるので、展示をみたあとも楽しめちゃいます。

 

 

 

 

p1040927

 

私:「楽しかったね〜!大満足!」

 

Y:「ほんと、僕も恵比寿に住んでいるけれど今日は色々新しい発見があった気がするよ。やっぱりデート相手がいいからかなっ?(笑)」

 

なんて嬉しいことを言ってくれるんだろう!とまたキュンキュンしていると……、

 

Y:「喉も乾いたし、ビールでも飲みに行こうか?」

という嬉しいお誘いが♡

 

まだ付き合って数日だけれど、彼のいいところや新しい発見があったアートデートでした!

 

p1040942

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

そんなこんなで…

盛りだくさんだった「深くて新しい」恵比寿アートデート、いかがでしたか?

 

東京都写真美術館で開催中の杉本博司展は、すっごく良かったので筆者もこっそり既に2回訪問しています。

2Fの新作「廃墟劇場」は絶対みていただきたい!

みなさん、アートデートでぜひいってみてください〜♡

 

 

出演:山脇紘資  写真:大野要介  文:新井まる

 

 

 

【今回のデートコース♡】

 

東京都写真美術館

 杉本博司「ロスト・ヒューマン」

開催期間:2016年9月3日(土)~11月13日(日)休館日:毎週月曜日

「世界報道写真展2016」

開催期間:2016年9月3日(土)~10月23日(日)※会期終了

 

恵比寿ガーデンプレイス パブリックアート

 

NADiff A/P/A/R/T

Gallery MEM 、NADiff gallery

 

森村泰昌展「私」の創世記

第一部 卓上の都市     MEM(3F) 前期 9月2日(金) – 10月2日(日)
                                後期 10月4日(火) – 11月6日(日)
第二部 彷徨える星男   MEM(2F) 9月2日(金) – 10月2日(日)
第三部 銀幕からの便り NADiff Gallery (B1F) 9月2日(金) – 10月10日(月・祝日)
open hours|12:00-20:00
closed | 月曜休廊 [月曜祝日の場合は翌日休廊]
tel | 03-6459-3205

 

 

 

 

 

【今回の妄想彼氏♡】

p1040492

山脇紘資(Kosuke YAMAWAKI ) 

1985年千葉県生まれ。東京在住。2012年 武蔵野美術大学油絵学科卒業 2014年 東京芸術大学院美術研究科絵画専攻第七研究室修了。国内や北京ら上海などで展覧会を多数開催。

BEYOND THE BORDER ,Tangram Art Center (上海・SHANGHAI)の展覧会では世界的に活躍するZhou TiehaiやZhang Enliや、オノデラユキ、高野隆大、石内都、辰野登恵子らと展示を行う。

村上隆が主催するGEISAIでスカウト審査員賞受賞、アウトレンジ銀メダル、武蔵野美術大学優秀賞など、多数の賞も獲得している。

またペインターの傍ら自身のバンドハグレヤギでvo,gを担当。2012年にCD「ハグレヤギ e.p」で全国デビュー。ギャラリーにて自身の絵画をその場で81枚にカットし、自身のバンドのCDジャケットとして使用し販売。即完売する。

HP: http://www.yamawakikosuke.com/  Instagram:kosuke.yamawaki

 

 

 



Writer

★【代表】新井 まる

★【代表】新井 まる - MARU ARAI -

アート専門webマガジン「 girls Artalk 」代表 / 株式会社maru styling office 代表取締役

アートエバンジェリスト協会 会長/一般社団法人デザイナーズスキル認証機構 理事

 

イラストレーターの両親のもと、幼いころからアートに触れ、強い関心を持って育つ。

大学時代からバックパッカーで世界38カ国を巡り、美術館やアートスポットなどにも足を運ぶ旅好き。

新卒採用で広告代理店に就職し営業として3年間勤務の後、アパレルEC部門の販促に約1年間関わる。その後、一念発起して独立。アート専門webマガジン「girls Artalk(ガールズ・アートーク)」を立ち上げ、アートの魅力を伝えることに日々奮闘している。

 

好きなものは、餃子とお酒と音楽と旅。

 

 

 

★「 girls Artalk(ガールズアートーク) 」は、「ガールズトークをするように、アートの話をしてほしい」という想いからできた、アートをもっと身近に楽しむためのアート専門webマガジン。各分野で活躍する女性ライターやモデルたちがリアルな目線で情報を発信。アート業界から注目を集めている。

 ♡アートwebマガジン「 girls Artalk 」 http://girlsartalk.com/

 






トップへ