Writer

多田 愛美

多田 愛美 - manami tada -

新潟出身。大学でカルチュラルスタディーズを専攻し、卒業後は広告代理店のもとで映画の販促キャンペーン等を企画。その後、銀座のギャラリーに勤務し美術雑誌に携わる。ホワイトキューブを飛び出した、ひらかれたアートに感銘をうける。幼少期からピアノに触れ、上京後に作曲、ツーピース、トリオの演奏活動も行う。

情報過多な今に対応しきれないコンプレックスを抱えながら、アートを通して世界の今を覗く。アーティストの生き様から息遣いまで届けられたらと思います。

 


Writen by

イケメンと行く妄想アートデート 遊び上手な大人の街、中目黒と六本木エリア

今、キース・ヘリングが生きていたら…  中村キース・ヘリング美術館開館10周年記念展キー

今、キース・ヘリングが生きていたら…  中村キー

今、キース・ヘリングが生きていたら... 中村キース・ヘ... 続きを読む

「Art in You」そして 3.11リライト・プロジェクトへの思い 〜芸術家・宮島達男氏インタビ

未知なるものを求めて 〜石川直樹 写真展「この星の光の地図を写す」〜

光と影が交差する、おとぎの世界のリアリティ 〜カール ラガーフェルドが撮る、ヴェルサイユ宮殿写真展〜

音と気配のコンポジション  ~ 音楽家・蓮沼執太氏インタビュー ~

描き続けることは生き抜くこと ‐色彩の反復からみえた、山田正亮の終わらない世界




トップへ