feature

現代アートの有名作品から、歴史的傑作まで。森美術館10周年記念展覧会「LOVE」展レポート&ガイドツアー

NEWS

2013年6月1日


現代アートの有名作品から、歴史的傑作まで。森美術館10周年記念展覧会「LOVE」展レポート&ガイドツ


ske_0520b

 

0604_2

 

六本木ヒルズと森美術館が10周年!!早いものですね。
そんなお祭り状態にわきたつ六本木エリアですが、さすが10周年ということもあり、今回森美術館で開催中の展覧会「LOVE」展はかなりの気合の入った展覧会となっています。

 

10年前森美術館OPEN時の展覧会名は「Happines(幸福)」。その10年後の展覧会がLOVEだなんて、洒落てるじゃないですか。10年前に比べたらHAPPINESSもLOVEも手に入れられたのかな・・・。「LOVE展:アートにみる愛のかたち」は、「愛ってなに?」、「恋するふたり」、「愛を失うとき」、「家族と愛」、「広がる愛」の5つのセクションで構成。時代や地域を超えて選ばれた美術史を彩る名作、意欲的な新作を含む約200点を通して、複雑で変化に富んだ愛の諸相が考察されています。

 

 

 

展覧会の出展アーティストはとにかく豪華。
MoMAやTATE等所蔵の西洋美術史を彩るジョン・コンスタブル、ジョン・エヴァレット・ミレイ、フランシス・ピカビア、ジョルジョ・デ・キリコ、ルネ・マグリット、フリーダ・カーロなどの名画がずらりとそろっています。また、デヴィッド・ホックニー、デミアン・ハースト、トレイシー・エミン、ソフィ・カル、ジェフ・クーンズなど、現代美術界のスターの作品も登場。更には、ロンドンなどで発表され話題の草間彌生の新作インスタレーションも登場!という豪華っぷりです。

 

 

よりよいLOVEを手に入れるために必見?の展覧会であること間違いなし!

 

さて、ガールズアートークでは、こんな女子必見のLOVE展を含む、六本木エリアのアートツアーを開催いたします。解説付きで美術館やギャラリーをまわるので、アート初心者や、同じ趣味の友達を見つけたいって方にはもってこいの企画です。森美術館では、なんと展覧会を企画したキュレイターの方から直接解説を聞くことができたり、展覧会の裏話を聞けたりと、他では体験できないアート体験ができるはず!女子会感覚で、アートを楽しんでみてはいかがでしょうか?ツアーでは、美術館のほかに、一人ではなかなか行きにくいおススメギャラリーなども訪問予定です。

ガイドは、本サイトの編集長、新井まるが担当します!
女子会感覚でアートを見て楽しんでください。

 

【ツアー概要】
日時:2013年6月15日(土)13時~16時30分
料金:3,000円(LOVE展覧会入場料が別途必要)
定員:25名
申し込み方法:以下の申し込みボタンより必要事項を記入の上、お申し込みくださいませ。申し込み完了後確認のメールが届きます。

 

0604_2

 

【出展作家】
アーデル・アービディーン、リチャード・ビリンガム、コンスタンティン・ブランクーシ、ソフィ・カル、マルク・シャガール、チャン・エンツー( 張恩慈)、ジョン・コンスタブル、サルヴァドール・ダリ、ゴウハル・ダシュティ、ジョルジョ・デ・キリコ、ジム・ダイン、トレイシー・エミン、ギムホンソック、ナン・ゴールディン、シルパ・グプタ、ダミアン・ハースト、デヴィッド・ホックニー、アルフレド・ジャー、フリーダ・カーロ、メアリー・ケリー、ルネ・マグリット、ジョン・エヴァレット・ミレイ、ザネレ・ムホリ、ジャン=ミシェル・オトニエル、フランシス・ピカビア、オーギュスト・ロダン、榮榮&映里、デヴィッド・シュリグリー、ローリー・シモンズ、ワッソーX. ワッソーとR. ヴィジェイ、エンタン・ウィハルソ、ジャン・シャオガン( 張暁剛)、荒木経惟、浅田政志、初音ミク、出光真子、草間彌生、森 淳一、村山留里子、西山美なコ、岡本太郎、オノ・ヨーコ、澤柳英行、TANY、梅沢和木、吉永マサユキ、ほか

 

【展覧会概要】
六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
会期:2013年4月26日(金)~9月1日(日)

 

【東京シティビュー 「初音ミク・カフェ」】
期間:2013年4月26 日(金)- 6月16日(日)
営業時間:11:00~23:00(LO フード 22:00、ドリンク 22:30)
場所:東京シティビュー( 六本木ヒルズ森タワー52 階)








トップへ