feature

【終了間近!】”壊れ”にも美を見出す陶芸家、上田勇児の作品が100点以上集結!「ひびき合う土の記憶」

NEWS

2018年12月4日


【終了間近!】”壊れ”にも美を見出す陶芸家、上田勇児の作品が100点以上集


【会期終了間近!】

“壊れ”にも美を見出す陶芸家、上田勇児の陶芸が100点以上集結!「ひびき合う土の記憶」

 

 

 

〜girls Artalk的 おすすめポイント〜

 

◆カイカイキキギャラリーにて、12月10日(月)まで、上田勇児個展「ひびき合う土の記憶」を開催しています。

◆お茶農家で育った上田勇児は、通常は失敗とされるようなひび割れや変形までもを、美しさとして作品に取り込んでいます。

◆本展では、信楽・上朝宮(滋賀県)の工房で作られた100点を超える最新作が展示されます。

◆ニューヨークやロサンゼルス、香港など海外ギャラリーやアートフェアでも展示されている陶芸家の作品を、一度にたくさん見られる貴重な機会です!会期終了間近なので、お見逃しなく。

 

 

 

【展覧会概要】 

期間:2018年11月27日(火)~12月10日(月)
弊廊日:日曜、月曜、祝日 ※最終日12月10日のみ月曜営業
時間:11:00 – 19:00
場所:Kaikai Kiki Gallery (東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1F)
入場無料
 
 
 
 
 

【陶芸が好きな方はこちらの記事もチェック】

「写真」とは何か?」のその先へ “しつらえ”の日本芸術〜中目黒の現代陶芸店で写真家の作品を展示販売〜

時間」をギュッと閉じ込める。記憶メディアとしての陶芸 美術作家・山本優美さんインタビュ

 

 

 

 








トップへ