feature

チームラボがパリで展覧会を開催!体感するデジタルアート『teamLab : Au-delà des limites』

NEWS

2018年5月29日


チームラボがパリで展覧会を開催!体感するデジタルアート『teamLab : Au-delà des


 

 

チームラボがパリで展覧会を開催!体感するデジタルアート『teamLab : Au-delà des limites』

 

 

 

フランス・パリのラ・ヴィレット(La Villette)にて、チームラボによる大規模な展覧会『teamLab:Au-delà des limites』(意:境界のない世界)が開催中です。本展覧会は、日仏友好160周年にあたる今年・2018年に、日本文化及び芸術を紹介する祭典『ジャポニズム2018:響きあう魂』の公式企画として計画されました。5月15日(火)から9月9日(日)の期間、約2000平米のデジタルアート空間が展開されます。

 

 

 

 

 

 

日本が誇るチームラボを今一度おさらいしてみよう

 

 

 

チームラボは2001年から活動を開始し、アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストで構成されています。彼らの芸術活動は、デジタルテクノロジーが礎となっており、物質から解放された表現で、インタラクティブな要素によって人々が作品の一部となります。
人々によって作品が変化していくことで、自分と他者、人々と世界との境界を曖昧にし、新しい関係性を模索していくのです。

 

 

 

 

 

 

本記事では厳選した4作品を、皆様にご紹介します。

 

 

 

①『グラフィティネイチャー – 山と谷 / Graffiti Nature – Mountains and Valleys』

 

 

 

 

 

 

来場者によって描かれた花や動物のイメージをスキャンすると、イメージが作品の一部となり、色鮮やかな自然と創造の世界の登場人物になります。

 

 

 

 

 

 

子供から大人まで、楽しみながら参加していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②『Walk, Walk, Walk: Search, Deviate, Reunite – Dancing People and Animals Beyond Borders』

 

 

 

この空間では、多様な肖像が歩き続けています。時に方向を転換し、進む道を変えます。鳥獣人物戯画に描かれるウサギや蛙などを連想させる架空の世界の登場人物たちが、半永久的に移動し続けるのです。

 

 

 

 

 

 

来場者の身体の時間の流れと、作品内に流れる時間の境界が曖昧になる構成になっています。

 

 

 


Exhibition View, teamLab:Au-delà des limites, 2018, Grande Halle de La Villette, Paris ©teamLab

 

 

 

③『Au-delà des limitesに降り注ぐ憑依する滝 / Universe of Water Particles on Au-delà des limites』

 

 

 

高さ11m・横幅26.5mの壁から床へと降り注ぐデジタルの滝は、来場者に反応し、足元で割れながら空間に広がっていきます。

 

 

 

 

 

 

水に触れ、流れが変化していく様子は、その場にいる人の動きや人数により異なる表情を見せ、二度と同じ場面に遭遇することはありません。

 

 

 


Exhibition View, teamLab:Au-delà des limites, 2018, Grande Halle de La Villette, Paris ©teamLab

 

 

 

④『花と人、コントロールできないけれども、共に生きる / Flowers and People, Cannot be Controlled but Live Together – Transcending Boundaries, A Whole Year per Hour』

 

 

 

③でご紹介した滝と混ざり合う様に展示されている、本作品は、1時間のうち、1年間で咲く花々が開花しては散り、変容していきます。作品同士が影響し合うのはもちろん、来場者の肉体も変化する世界に巻き込まれます。

 

 

 


Exhibition View, teamLab:Au-delà des limites, 2018, Grande Halle de La Villette, Paris ©teamLab

 

 

 

 

 

 

全体を通して、鏡やガラスの反射や空間を生かした見せ方が印象的でした。音楽と映し出される映像には共通して神秘的な要素があり、自然や生きること、時間の流れを改めて感じました。

 

 

 

チームラボ代表の猪子寿之さんからgirlsArtalk読者へ特別メッセージ

 

 

 

girlsArtalkのインタビューに対し、チームラボ代表の猪子寿之さんは「作品同士が混ざり合い、境界線のない世界を作るアートの世界を体験して欲しい」と答え、フランスのラ・ヴィレットでの展示について「大胆に空間を使って、展示することができました」と喜びを語りました。

 

 

 

 

 

 


チームラボ代表・猪子寿之氏

 

 

 

チームラボは、2018年6月21日(木)に、森ビルとチームラボによる、世界に類を見ない全く新しいミュージアム『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLabBorderless(http://borderless.teamlab.art/jp)』をお台場・パレットタウンにオープンします。広さ10,000㎡の巨大空間に、約50作品を展示します。

 

 

 

 

 

 

境界のないアートの世界を体験することで、芸術鑑賞の方法が「見る」ことから、鑑賞者が作品に影響を及ぼしていることを実感できます。これからデジタル技術によってアートと私たちの関わり方が、どのように変化していくのか、引き続き見逃せません。

 

 

 

文・写真:矢内美春

 

 

 

【開催概要】
teamLab : Au-delà des limites
https://www.teamlab.art/jp/e/lavillette/
#teamLabLaVillette、#teamLab
会期: 2018年5月15日(火)~2018年9月9日(日)
会場: ラ・ヴィレット・グランド・ホール / Grande Halle de La Villette(211 Avenue Jean Jaurès, 75019 Paris, フランス)
時間: 火曜日~木曜日・日曜日 10:00~19:00、金曜日・土曜日 10:00~22:00
休館: 月曜日
アクセス: メトロ5号線「Porte de Pantin」、バス75・151・PC 2・PC 3「Porte de Pantin」
主催: 国際交流基金、ラ・ヴィレット
メディア協力: encore B、TF1
後援: Fimalac Entertainment、BFM Paris、RATP、madame FIGARO、France Inter

 

 

 

【料金】
当日券: 一般 EUR 14.90、26歳以下 EUR 12.90、ラ・ヴィレットカード EUR 10.90
前売券: 一般 EUR 16.90、26歳以下 EUR 14.90、工場協議会関係者 EUR 12.90
当日ファミリー割引: EUR 44.90
*お子様を含む家族4名(うち12歳以下の子供2名以上)以上でのご利用 / 追加子供1名につき EUR 5.30
前売ファミリー割引: EUR 46.90
*お子様を含む家族4名(うち12歳以下の子供2名以上)以上でのご利用 / 追加子供1名につき EUR 7.30
学生団体割引: 1クラス EUR 30
社会文化団体割引: 1グループ EUR 15
*料金は予告なく変更される場合がございます。
チケット購入: https://lavillette.com/evenement/teamlab/www.fnac.comwww.ticketmaster.fr

 

 

 

【チームラボに関する記事はこちら】
チームラボ 猪子寿之氏インタビュー 〜デジタルアートで人類を前に進めたい〜

あなたもアートの一部に!光と音でみんなとつながる「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地

 

 

 

【矢内美春の他の記事はこちら】
写真が物語る、日本の過去と現在「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」

60年後の未来は文化と対話する!?コルベール委員会×東京藝大『2074、夢の世界』



Writer

矢内 美春

矢内 美春 -  Miharu Yanai  -

東京工芸大学芸術学部写真学科卒業後、渡仏。レンヌ美術学校(École européenne supérieure d’art de Bretagne)のアート科に編入し、写真・絵画・陶芸を用いて作品制作をする。同校にてDNAP(フランス国家造形芸術免状)を取得後は、IESA(Institut d’Études Supérieures des Arts)でアートマネージメントを学ぶ。東京(Misa Shin Gallery)やパリ(Galerie Taménaga)の画廊、アートフェア(ASIA NOW/パリフォト)で研修を受ける。

ガールズアートークを通して、アートに触れた時に感じる、恋するような気持ちをみなさんとシェアしていきたいです。






トップへ