feature

ライアン・ガンダー個展「Moonlighting」開催 @ TARO NASU 【今週のおすすめアート】

NEWS

2018年5月18日


ライアン・ガンダー個展「Moonlighting」開催 @ TARO NASU 【今週のおすすめアー


【今週のおすすめアート】
ライアン・ガンダー個展「Moonlighting」開催 @ TARO NASU

 

 

 

〜girls Artalk的おすすめポイント〜
◆イギリス人アーティストライアン・ガンダーさんの個展「Moonlighting」が、TARO NASU にて、5月19日から6月16日の期間で開催されます。
◆ 「僕は長年ピカソのファンだったけれど、それは彼の作品に対してというよりむしろ、メディアが伝える彼自身、彼の自己認識のあり方に対してだった」と語るライアンさん。彼のドローイング作品は、ガンダーがピカソ作品の有名なイメージを模倣したものです。
◆ガンダーの新作はピカソという伝説的アイコンを通して「自分を自分たらしめるもの」とはなにかを問いかけてきます。

 

 

【開催概要】
ライアン・ガンダー|Ryan Gander 「Moonlighting」

会期:2018年5月19日(土)〜6月16日(土)  
時間:10:00〜18:00
会場:TARO NASU
住所:東京都千代田区東神田1-2-11
休館:日曜、月曜、祝日

 


【アーティストプロフィール】
1976年イギリス、チェスター生まれ。現在はロンドン、サフォークにて制作活動。「第54回ヴェネチアビエンナーレ」、「ドクメンタ(13)」、「第9回上海ビエンナーレ」などの世界的に有名な国際展に多数参加。「ドクメンタ(13)」では、メイン会場の一つであったフリデチアヌム美術館一階のメイン展示室にて、何も展示されていない 展示室のなかを吹き抜ける「風」 を作品としたインスタレーションを発表し注目を集めた。国内では2017年に開催されたダブル個展「この翼は飛ぶためのものではない」「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 かつてない素晴らしい物語」(ともに国立国際美術館)が大きな話題をよんだ。現在は第21回シドニービエンナーレ2018に参加中。

 

 

 

【 ドローイング作品が好きな人はこちらもおすすめ】
束芋さんインタビュー 全ては偶然性のコラージュ 個展「flow-wer arrangement」「ズンテントンチンシャン」
川内理香子 個展『Tiger Tiger, burning bright』開催 @WAITINGROOM【今週のおすすめアート】
ロマーン・カディロンの日本初個展となる 「光と影」”Dawn Chorus”を開催 @ Gallery38【今週のおすすめアート】

 

 

バナー画像は、”Moonlighting” 2018 © Ryan Gander Courtesy of TARO NASU

 








トップへ