feature

美術作家 植田志保の個展「メドレー」が、5月12日(土)よりシソンギャラリーにて開催。対話描画 “In a Flowerscape” や即興ライブペイントも実施。【今週のおすすめアート】

NEWS

2018年5月6日


美術作家 植田志保の個展「メドレー」が、5月12日(土)よりシソンギャラリーにて開催。対話描画 “I


  【今週のおすすめアート】
美術作家 植田志保の個展「メドレー」が、5月12日(土)よりシソンギャラリーにて開催。対話描画 “In a Flowerscape” や即興ライブペイントも実施。

 

〜girls Artalk的おすすめポイント〜
◆美術作家、植田志保さんの個展「メドレー」が、5月12日から5月27日の期間、代官山のシソンギャラリーにて開催されます。
◆本展では、以前シソンギャラリーを訪れた際に、ギャラリーの持つ雰囲気から「オルゴールの中にいるよう」と感じた彼女は、音楽から受け取ったインスピレーションを自身の作品として表現し発表することになりました。空間、音楽、作品の響き合う「メドレー」は、植田さんにとって初めての試みとなります。
◆植田さんは、色に立脚した表現活動を軸として、色の有機的な動きを捉えた作品群『色のすること』や、個人との対話を通し、記憶や意識に潜む「色」を顕在化させる即興描画 “In a Flowerscape” などの活動で知られる美術作家です。
◆作品の展示販売に加え、対話描画 “In a Flowerscape” や、ミュージシャン宇波拓とのコラボレーションによる即興ライブペイントも開催されます。

 

 

 

【開催概要】
植田志保 個展「メドレー」

会期:2018年5月12日(土)~2018年5月27日(日)
時間:12:00~20:00 ※日曜11:00〜19:00
休館:月曜日
会場:SISON GALLERy(シソンギャラリー)
住所:東京都渋谷区猿楽町3-18
オープニングパーティ:5月11日(金) 18:00〜21:00
対話描画 “In a Flowerscape”:5月13日(日) 11:00〜17:00、 5月20日(日)11:00〜17:00  ※予約制
ライブペイント 植田志保 ×宇波拓(ギター):5月19日(土) 17:00  ※予約制

 

 

 


【アーティストプロフィール】
1985年兵庫県生まれ。美術作家。体験するもの全てを色で認識する体質を持つ。幼少期ピアノを弾いている最中に、音階につく色や様子について再三母親に訴えたことからパレットを手渡され、以降、色彩表現に没頭するようになる。近年では平面のみならず舞台、空間演出、内装を手掛ける他、対話を通し個人の記憶や意識に潜む「色」を顕在化させる即興描画 “In a Flowerscape” をライフワークとしておこなうなど、多様に流動する色に立脚した表現はますます広がりを見せている。色の有機的な動きを捉えた作品群「色のすること」は、抽象的でありながらも、多くの人の心を掴む独特な美しさと魅力を持つ。主な活動として、KARIMOKU NEW STANDARD/ミラノサローネ出展に際しイメージ画提供 Depot Basel:MUSTERZIMMER 11/チューリッヒ、ROKKO MEET ART「芸術散歩2010」/柳原照弘氏・西畠清順氏とコラボレーション出展、[furfur]2013 s/s collection Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO/アートワーク担当、風の伝言プロジェクト(国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター)/作品提供、雑誌coyote(スイッチ・パブリッシング社)SPECIAL ISSUE 2013/イラストレーション提供、広告_なんばcity 2014春 メインビジュアル/ アートワーク担当、草月流  季刊「草月」江國香織 連載 /挿画、詩人・三角みづ紀 第6詩集 「舵を弾く」/装画 他 多数

 

 

 

【 色や色彩にフォーカスしたアート作品が好きな人はこちらもおすすめ】
海と向き合って40年 写真家芝田満之が捉えた表情豊かな色彩
~色彩の海を漂流する~「流 麻二果 ― 色を追う/Tracing the Colors」展

描き続けることは生き抜くこと ‐色彩の反復からみえた、山田正亮の終わらない世界

 








トップへ