feature

写真家の故ケイト・バリー追悼写真展「ACTRICES」がBOOKMARCにて開催

NEWS

2018年4月12日


写真家の故ケイト・バリー追悼写真展「ACTRICES」がBOOKMARCにて開催


【今週のおすすめアート】
写真家の故ケイト・バリー追悼写真展「ACTRICES」がBOOKMARCにて開催

 

 

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜
2018年4月9日(月)〜4月15日(日) の期間、BOOKMARC にてケイト・バリーさんの追悼写真展「ACTRICES」が開催されます。
♡ジェーン・バーキンさんの長女で、 シャルロット・ゲンズブールさんの姉でもある写真家のケイト・バリーさん。 鋭い感性や斬新な構図で「ヴォーグ」や「エル」などの女性ファッション誌で活躍し、 評価と期待を集める中、 2013年12月にパリのアパルトマンにて身を投げ逝去しました。
♡欧州を中心に開催されたケイト・バリーさんの追悼展が、この度日本に初上陸します。
♡この日本の展示にあわせて特別に作られた高品質な白黒オフセット印刷による、 限定500部のエキシビション図録も販売されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【展覧会概要】
ケイト・バリー写真展 “ACTRICES”

会期:2018年4月9日(月)〜4月15日(日)
時間:12:00〜19:00
会場:BOOKMARC(ブックマーク)
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-14

 

 

 

【ケイト・バリーとは】
1967年4月8日ロンドン生まれ。父は007シリーズ「ロシアより愛をこめて」などの映画音楽で知られる世界的音楽家ジョン・バリー、母はジェーン・バーキン、妹はシャルロット・ゲンズブールとルー・ドワイヨン。1歳の時母と一緒にパリに移り住む。母ジェーンが、1968年「スローガン」で共演したセルジュ・ゲンズブールと知り合い恋におち、一緒に暮らすようになったので、ケイト・バリーもゲンズブールを育ての父としてパリで暮らす。1984年17歳でパリのオートクチュールのデザイン校に入学、卒業後はサンローランのアトリエに入り、その後独立して自分のブランドを出す。ブランド運営でつまずき、翌年閉鎖する。1995年28歳、ファッション界での仕事より、写真界に入りたくなり写真学校に通い、プロのカメランとなる。写真家としては遅いデビューだったが、鋭い感性や斬新な構図で、女性ファッション誌で活躍するようになり、その後「ヴォーグ」や「エル」で、独自のスタイルの写真を撮り続けた。母ジェーンや妹たちだけでなく、フランス映画界を彩る女優たちのポートレートを得意とした。2013年12月11日、パリの16区のアパルトマンのテラスから投身、亡くなった。46歳だった。理由は今も分からない。生前ケイトは日本の東北大震災の南三陸の女性被害者たちを支援する「アマ プロジェクト」 を母ジェーンと共に積極的に活動を助けていて、現地にも足を運んでいた。

 

 

 

【モノクロ写真、写真展が好きな人はこちらもおすすめ!】
スティーヴ・ジャンセンの日本で初となる写真展「Through A Quiet Window ―スティーヴ・ジャンセン写真展―」開催【今週のおすすめアート】
「原点を、永遠に。―2018―」19世紀の巨匠から現代まで、95人の写真家の“原点”
女性の美的瞬間に迫る『フランク ホーヴァット写真展 Un moment d’une femme 』








トップへ