feature

「TERATOTERA祭り2017 Neo-political~わたしたちのまつりごと~」【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年11月12日


「TERATOTERA祭り2017 Neo-political~わたしたちのまつりごと~」【今週のお


「TERATOTERA祭り2017 Neo-political~わたしたちのまつりごと~」

【今週のおすすめアート】

 

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡「TERATOTERA祭り2017」が開催中です! 開催期間は11月10日から12日までの3日間。東京・三鷹駅周辺に点在した会場に9名、1組のアーティストが展示をしています。

♡TERATOTERAは、JR中央線高円寺駅から国分寺駅の区間を拠点に東京杉並、武蔵野、多摩地域を舞台にしている地域密着型アートプロジェクト。

♡7回目を迎える今回のTERATOTERA祭りのテーマは『Neo-political ~わたしたちのまつりごと~』。ただし、一見すると政治的な題材を扱った作品には見えないように感じるものが多いんです。

♡参加している作家の誰もに一貫しているのは、観客を何らかの形で自分の作品に巻き込むこと。作品は作家個人が持つ興味や問題を元に制作されているといいます。なぜ今回のテーマが「Neo-political 」なのかは、ぜひ来場者となって答えを出してみてください!

♡会場は旧竹田製麺所、玉川上水緑道、武蔵野芸能劇場など、まちにある店舗や施設。展示される空間にある独特の雰囲気や、作家さんとの距離の近さも楽しみの一つです♪

 

 

off-nibroll《a quiet day》2012年

 

 nito《誰かの重さを踏みしめる》Firm steps on someone’s weight. 2016

 

 nakazaki《apple_lovers_snow》2017_photo/YANAGIBA Masaru

 

 

【概要】

「TERATOTERA祭り2017 Neo-political~わたしたちのまつりごと~」

日程:11月10日(金)、11日(土)、12日(日)

開催時間:11:00~19:00

参加作家:有賀慎吾、うらあやか、江上賢一郎×Micheal、off-Nibroll、中崎透、二藤建人、村上慧、山城知佳子、山本篤、和田昌宏 

公式HP:http://teratotera.jp

※北口交番横(武蔵野市中町1-14)で詳細マップを配布しています。各イベントについては公式HPよりご確認ください。

 

 

「参加型アートを取り上げた過去の記事はこちらから♪」

泊まれるアート空間はいかが? HOTEL ART FES in PARK HOTEL TOKYO

日仏メディアアートに衝撃!第6回「デジタル・ショック」 ―欲望する機械―

 








トップへ