feature

前衛陶芸の不思議な形 「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展【今週のおすすめアート】

NEWS

2017年9月19日


前衛陶芸の不思議な形 「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展【今週のおすすめアート】


【今週のおすすめアート】

前衛陶芸の不思議な形 「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展

 

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡東京・虎ノ門の菊池寛実記念 智美術館で、9月16日(土)から「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展が開催中です。

♡ユニークなデザインの作品の数々に、ついつい見入ってしまいそう。

♡戦後の復興期に、陶芸界に新しい風を吹き込んだ「走泥社」の中心的人物である八木一夫と、モダンデザインを学び日展のホープだった清水九兵衞。陶芸の可能性を追求した男性たちの表現がぶつかる2人展‼︎

♡この時代の作家たちが新しい表現を切り拓いたことで陶芸作品に多様さをもたらし、今の作家にも受け継がれていきました。歴史的に重要な作家なので、陶芸作品がお好きな方はぜひご覧ください♪

 

 

【概要】

「八木一夫と清水九兵衞 陶芸と彫刻のあいだで」展

会期:2017年9月16日(土)~ 12月3日(日)

入場料:一般 1,000 円/大学生 800 円/小中高生 500 円

会場:菊池寛実記念 智美術館

住所:東京都港区虎ノ門 4-1-35 西久保ビル

開館時間:午前 11 時から午後 6 時まで(入館は午後 5 時 30 分まで)

休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、9月19日(火)、10月10日(火)

URL:http://www.musee-tomo.or.jp

 

 

「焼きものが好きな方はこちらもどうぞ♪」

新進気鋭の陶芸作家、キム・リユウ氏をたずねて

アートを巡って佐賀を横断!『SAGA Dish&Craft』 〜嬉野・武雄・伊万里エリア〜








トップへ