feature

【ミュージカル】 『RENT -レント-』 20周年記念ツアー来日公演!!

NEWS

2016年12月23日


【ミュージカル】 『RENT -レント-』 20周年記念ツアー来日公演!!


【ミュージカル】 『RENT -レント-』 20周年記念ツアー来日公演!!

 

現在、オフブロードウェイからはじまった『RENT -レント-』が20周年を記念し、31日(土)まで東京・東京国際フォーラム ホールC にて来日ツアーを開催中!

 

〜簡単なストーリー〜

1989年12月24日からちょうど1年間のニューヨークのイーストヴィレッジが舞台。
元ロックミュージシャンのロジャーと、ルームメイトで自称映像作家のマークは、スクウォッターハウス化した倉庫ビルを占拠してボヘミアン的な日々を送っているが、ビルのオーナーのベニーから滞納している家賃(レント)を払うか退去するよう求められる。

彼らを中心に、ダンサーのミミ、大学講師でハッカーのコリンズ、ストリートドラマーでドラァグクイーンのエンジェル、アングラパフォーマーのモーリーン、ハーバード大卒エリート弁護士のジョアンらが、貧困と病魔に苛まれる生活の中にも愛と生きることの喜びを見いだしていく。
彼らの中にはゲイ、レズビアン、ヘロイン中毒、そしてHIV陽性の者もおり、こうした登場人物たちによって、1980年代終わりのニューヨークの世相と、今では失われた「ボヘミアン イーストヴィレッジ」の世界が鮮やかに描かれています。

 

 

〜girls Artalk的♡おすすめポイント〜

♡『RENT』ってなに?
ロングランを続ける大ヒットミュージカル!
2016年にミュージカル『RENT』は初演から20年を迎え、各国で20周年イベントが盛大に開催されています。
2005年にはクリス・コロンバス監督によって『映画版RENT』も公開されたほど…作品の登場人物たちを紐解いていくと、ゲイ、レズビアン、ヘロイン中毒、HIV感染者。セクシャル・マイノリティや病魔という大きなテーマ性だけではなく、大きな魅力が『RENT』という作品にはあります。
本公演は2009年の来日公演ぶりにオフィシャルツアーとして、トニー賞を受賞したマイケル・グライフのオリジナル演出版で上演される貴重な機会です。
また、英語での上映ですが英語が分からなくても大丈夫!日本語字幕がありますのでご安心ください! 

002_1636

 

♡20年も愛されている理由
それは、ジョナサン・ラーソンが訴えかける歌が、ストーリーが、普遍的なものだからです。
プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の甘く美麗な世界である1830年〜1831年のパリ・カルチエラタンを、現代の粗暴な喧噪の中である1989年〜1990年のニューヨーク・イーストヴィレッジに置き換えるという構想のもと、ジョナサン・ラーソンが作詞・作曲・脚本を担当し、ほぼ独力で書き上げたミュージカル。
設定が変わっても心揺さぶる音楽で描かれる、若く貧しいボヘミアン(放浪芸術家)たちが、厳しい現実のなか、愛と生きる希望を見出し、懸命に生きる姿を描く青春群像劇が両作に共通した魅力です。
登場人物やシーンなど『RENT』には『ラ・ボエーム』へのオマージュが溢れています。

002_1591

 

スペシャル公演企画をチェック!

作品のストーリーを反映させて日本公演限定のスペシャル企画を開催します!

◉12月24日(土) 21:00開演 “クリスマスイブ9PM公演”

◉12月31日(土) 22:15開演 “ニューイヤーカウントダウン公演”

上記の前者は「December 24th 9PM eastern standard time~」の歌詞で始まる劇中曲「Tune Up」の歌い出しにちなみ、後者は2幕目の劇中曲「Happy New Year」が流れるタイミングに合わせて開演時間を設定しており、どちらも世界初の試みです!

 

 

【情報】 

『RENT -レント-』 20周年記念ツアー来日公演

会期:〜12月31日(土)
会場:東京国際フォーラム ホールC
脚本・作曲・作詞:ジョナサン・ラーソン

初演版演出:マイケル・グライフ

出演:アメリカカンパニー
HP:http://rent2016.jp