feature

千崎千恵夫、松井紫朗 二人展 「表現は表面から」 【今週のおすすめアート】

NEWS

2016年1月23日


千崎千恵夫、松井紫朗 二人展 「表現は表面から」 【今週のおすすめアート】


〜 girls Artalk的♡おすすめポイント 〜

日本の抽象表現は昨今国際的な関心の高まっている具体、もの派を受けて1980年代に新たな成熟期を迎えます。
 千崎と松井の活躍もこの流れに位置付けられるでしょう。

♡両者とも、榎倉康二 (千崎)、小清水漸(松井)という、
 もの派を牽引したアーティストに学んでいることは示唆的です。

♡両者とも90年代ドイツに滞在しており、このことにもベルリンの壁が崩壊し、
 あらたな越境の空間性が開けた時代精神を探ることができます。

♡本展において絵画と彫刻を出発点とする二人の作品が、
 同じ空間に交錯して対照的に示されることになるでしょう。

 

【情報】

千崎千恵夫、松井紫朗 二人展 「表現は表面から」 

会期:2016年1月23日(土)–  3月5日(土) 
会場:東京画廊+BTAP | 東京 
トーク・イベント:1月23日(土)15:00 – 16:00 
オープニング・レセプション: 1月23日(土)16:00 – 18:00