event

7/27(土) 編集長マルと行く、倉庫&工場リノベーションのギャラリーコンプレックスツアー@清澄白河&東雲

NEWS

2013年7月12日


7/27(土) 編集長マルと行く、倉庫&工場リノベーションのギャラリーコンプレックスツアー@清澄白河


アートを鑑賞するならみなさまどこのエリアを想像しますか?
六本木?銀座?上野?

もちろん、これらのエリアでも良質なアート作品を楽しむことはできますが、最先端の現代アートの1級品をどこよりも早く見るには、美術館ではなくコマーシャルギャラリーがおススメです。そして、これらのコマーシャルギャラリーが今集まっている熱いエリアが清澄白川と東雲です。

これらのエリアの特徴は、もともと倉庫街や工場などの多いエリアであること。
作品のサイズが大きくなる現代アートでは展示空間として天井の高い倉庫や工場は、うってつけの場所なのです。

清澄白川は、丸八倉庫という倉庫に、小山登美夫ギャラリー、タカイシイギャラリー、ShugoArts、KIDO PRESS、MIYAKE FINE ARTS、AI KOWADA gallery,sprout curationなど複数のギャラリーが入居し、倉庫リノベーションの先駆的な位置づけにあるギャラリーコンプレックスです。

一方、東雲は今年3月新たにOPENし、印刷製本工場の2階400坪に、8つの巨大なキューブがミニマルに並ぶ美術館級の空間を有する巨大スペースです。

工場とか倉庫がアート空間としてリノベーションされている空間なんて想像するだけでワクワクしませんか?

 

ただ、1点難点は場所が遠いこと。女子が一人普段行かないこんなエリアまで行くのは大変ですよね?

そこで、このツアーでは清澄白河~東雲エリア間の移動では手配したハイヤーをつかって、すいすい移動できちゃいます!

なかなか普段いけない極上のアート空間をぜひツアーで体験してみませんか?

■当日の流れ

13:00 清澄白河駅 A3出口集合 12:50から受付開始

13:30~15:30 清澄アートコンプレックス見学(小山登美夫ギャラリー、AI KOWADA gallery etc)

移動

16:00~17:30 東雲TALOT見学

17:30 東雲駅解散

 

 

 

【ツアー概要】
日時:2013年7月27日(土)13時~17時30分
料金:2,500円(清澄白河~東雲間の交通費込み)
定員:15名
申し込み方法:以下の申し込みボタンより必要事項を記入の上、お申し込みくださいませ。申し込み完了後確認のメールが届きます。

 

0604_2

 








トップへ