colum

ほのぼのアート日記。「Lost Children in Ghibli World」

NEWS

2013年6月15日


ほのぼのアート日記。「Lost Children in Ghibli World」


「Lost Children in Ghibli World」

 

念願の三鷹の森ジブリ美術館に行ってきた(´▽`)
どうして念願かというと理由は2っつ。まず私の勤めている会社の海外支社(ヨーロッパ、アメリカ、ブラジル、韓国だったけど、特に韓国)メンバーが日本に来たら絶対に行くところだったから(*・ω・)ノもう1つは、予約しないと入れないから(・ω・)/
先月、直接三鷹に行こうとしたら、実は前売り券をゲットしないと入れないって事を知って、早速ローソンでチケットをチェック!!(・・)!!週末も含めてほぼ予約がいっぱいで、やっと今月出動(´▽`)
まず、建物が緑にいっぱい包まれてて、ジブリ感満載(≧▽≦)

 

321670_10200564700671476_1923887413_n
603720_10200564700111462_600924188_n

館内は写真撮影がNGになっていて、全部自分の感性で感じて目に焼き付けてお持ち帰り下さいといったコンセプト。
道順はなくって、自分で行きたいように歩き回って存分に迷って下さいって意味で「迷子になろうよ、いっしょに」って書いてある(≧▽≦)その通りもちろん迷子で同じところもグルグルしてしまった(・・;)
宮崎駿先生は誰もが美術館側に管理されることなく、自分達で自由に楽しんで自由に創造することのできる美術館を目指してつくったとのこと。
最初に渡されるパンフレットには宮崎駿先生の描いた絵コンテが掲載されていてそれがそのままフロアガイド(^・^)正にそのまま再現されてた★

 

408763_10200564700831480_647012763_n

パンフレットと一緒にミニシアターチケット(15分)がもらえるんだけど、4タイトル位がローテーションで定期的に変わる仕組み。今回は中でも一番人気の「めいとこねこバス」ヾ(≧∇≦)
人気なだけあって、もっと見たくなるし、なんだかとってもハッピーな気分になれる★ねこバスもねこ電車、ねこ戦艦みたいなのもいっぱい出てくる(´▽`)

 

館内を全部見回ると映画の成り立ちと、宮崎駿先生の才能に圧倒されちゃう。クリエイティブで繊細で細かいところがとってもよくわかる(・・)展示物もとっても間近で見れるし実際に手に取ってOKなものもあって普通より親近感ある美術館。

 

屋上には一番楽しみにしていた、天空の城ラピュタに出てくるロボット兵。まもり神として配属されているらしい(≧▽≦)全長5.2mで、お尻にはちゃんと草が生えていたしすごくリアル★動いたらいいなー(´▽`)ラピュタを操縦する黒い石まで発見。
936737_10200564700711477_853429621_n

館内にはおっきいふわふわしたねこバスもいて、小学生以下の子だけ一緒に遊べるみたい(・ω・)

もっとたくさん宮崎駿先生の世界観を味わいたい人のためにジブリもディズニーみたいにジブリワールドができたらいいかも(・・v)ジブリ谷、ジブリ峠、ジブリ山、ジブリ湖・・・★

 

三鷹の森で宮崎駿先生のジブリへのLOVEをとってもよく感じた♥

 

もっと色んな人の世界観とかLOVE観を感じてみたいな〜って思ってたらいいのを発見(≧∇≦)
六本木の森(森美術館)が10周年記念で、有名な画家の名作から新作までたーくさん集めて「愛」をテーマにした「LOVE展」を開催するって話。どんなLOVEの形があるのか行って見たい♥〜(^ー^*)

 

 

★六本木ヒルズ 森美術館10周年記念展
LOVE展:アートにみる愛のかたち―シャガールから草間彌生、初音ミクまで
開催期間 2013年4月26日(金)-9月1日(日)
場所   森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
URL http://www.mori.art.museum/contents/love/about/index.html

 

 

★三鷹の森ジブリ美術館
営業時間 10:00-18:00
入場時間 10:00/12:00/14:00/16:00
休館日  火曜、<展示替え> 2013年5月21日(火)~31日(金)
場所   〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目1-83(都立井の頭恩賜公園西園内)
URL http://www.ghibli-museum.jp/
※ローソンでチケット(入場引換券)を購入してからご利用可能

 








トップへ