colum

ARTなハーブテーブル 「 UEDA-CHOアミューズ」

NEWS

2014年1月24日


ARTなハーブテーブル 「 UEDA-CHOアミューズ」


ARTなハーブテーブル

「UEDA-CHOアミューズ」

 

 

 

 

 

 

uedachoamusecolor

 

uedachoamuse

 

 

 

 

 

 

 

ueda1

 

先日、植田正治の写真展へ行って来ました。

天才的に美しい構図や、はっとするアイディア、

プリントの陰影の美しさに衝撃を受けました。

 

 

 

 

 

ueda2

 ueda3

 

 

鳥取出身の植田正治は、70年ほどの写真活動の中で故郷鳥取の

砂丘をキャンバスにたくさんの写真を撮りました。

計算された構図、プリントによって表情を調整していく技術から、

彼の作品はいわゆる演出写真とよばれて、その後の広告写真や

ファッション写真の世界にも大きな影響を与えました。

フランスでも、彼の作風はそのまま、”UEDA-CHO” 植田調と

呼ばれているほど、世界的に評価が高い写真家です。

 

 

 

この植田調について、私の勝手な解釈で説明を付け加えるとすると、

それはまるで、具体音楽”ミュージックコンクレート”のようなアートである

ということ。綿密に計算され尽くしたバランスで、音を配置し、奏でるような。

彼の写真作品からは、そんな音楽が聞こえくるようです。

 

 

 

 

そこで今回は、この植田調をハーブ料理に落とし込んでみました。

白黒グレーの陰影、そしてミュージックコンクレートのような音楽を

頭の中で奏でながら…バランスを計算して。

 

「誰がマネするの?!」との突っ込みはさておき、

おもてなしの前菜にでも、ぜひアイディアとして活用してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

<UEDA-CHOアミューズ6種の材料>

 

uedachoamusenumber

 

 

1~6すべて、ベースとしているのは焼いた食パンです。

 

1. ラディッシュ、きゅうり、クリームチーズ、ベビーリーフ、塩

 

2. カマンベールチーズ、くるみ、マジョラムスイート、シナモンシュガー

 

3. ツナ、パセリ、オリーブ

 

4. カッテージチーズ、マーマレード、スープセロリ

 

5. クリームチーズ、ミニトマト、バジル

 

6. クリームチーズ、スモークサーモン、レモン、フェンネルスイート

 

 

 

 

 

 

★2014年1月26日まで、東京都写真美術館にて、

「植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ」という展示が行われています。



Writer

太田 みお

太田 みお - Mio Ota -

料理研究家/ライフスタイルデザイナー。lifestyle atelier MAGNOLIA主宰。 早稲田大学で芸術学を学び、レコード会社のディレクターを経て、料理の世界へ。 辻調理師専門学校で日本料理とフランス・イタリア料理を、ル・コルドンブルーでフランス料理を学び、ナチュラルフードやハーブの資格も保有している。 lifestyle atelier MAGNOLIAでは、料理教室を開催中。暮らしそのものをアートととらえ、日々を心豊かに送るアイディアを発信している。
MIO LIFESTYLE: http://mioliving.blogspot.jp/






トップへ